今月26日はいよいよ発表会。

グランドバレエの衣装が届いた~!







衣装は貸衣装、、、、だから仕方ないのだけれど、
身長に合わせるとSサイズになって胴周りのサイズがまったく合わない。
で、生地をつけたしてホックをかける「ムシ」と呼ばれるものをつけなおす。


・・・・・・それにしたってバレエやる人ってみんなこんなに細いわけ???
これ子供用なんじゃね?


なーんてあくたれてみたけどやよいさんは同じSサイズでハマっているんだよね・・・

わかったわよ、私が痩せりゃーいーんでしょ、へぇへぇ。
と言っても肋骨周りは痩せられません。無理です。
ムシつけなおします。くっそー





コンサートに出る子供達の衣装は貸衣装じゃなくて、
オーダーメイドでございます。


グランパクラシック



ブルーバード



海賊




きれ~~~~~~いいいいいいい



私も持ってるけどね~昔の発表会で作ったチュチュ。
オーダーメイドでチュチュ作っても二度と着る機会はなく、

お葬式の時祭壇に飾ってもらうくらいです。



2015年4月26日(日)14:30開場 15:00開演 
静岡市民文化会館大ホールにて
【演目】
コンサート
グランドバレエ「椿姫」
子供のバレエ「ジブリメドレー」
コンテンポラリー「グラヴィティ」




ここでグランドバレエ「椿姫」のストーリィの説明をするとーーー

これが結構悲しい大人の恋の物語。
バレエって悲しいお話しが多いのだけれど、白鳥にしてもジゼルにしてもスワンだったり精霊だったりが出て来るのでどこかおとぎ話ちっくに見ていられるのが、
「椿姫」は現実の男女にありがちな話しでもろ感情移入してしまう


ヒロインのマルグリットは高級娼婦でパトロンの公爵に囲われていたが、
ブルジョワ階級の青年アルマンに求愛され、その真剣な思いに彼を受け入れる。
公爵とも決別を決めてアルマンと生きようとするが、その時アルマンの父親があらわれ「息子の将来のために別れてくれ」と懇願される。
マルグリットはやむなく理由も告げずアルマンの元を去りもとの世界へ戻ってしまう。

アルマンは自分が裏切られたと思い絶望するが、舞踏会で再会しもういちど愛を確かめるように一夜を共にする。
(黒のパドドゥ)
しかしマルグリットは本当のことを言えるはずもなく、ふたりの気持ちはすれ違って行く。
そして翌日の舞踏会でアルマンはマルグリットに「一夜の代金」を手渡す・・・




ここです。

本当に愛している人に本心を告げられず、しかもお金まで手渡されて自分の愛がぼろぼろに砕かれ泣き崩れるマルグリットがかわいそうでかわいそうで・・・・・・・・・・まじ泣けます。

リハーサル見ながら毎回このシーンでじわっときてしまう私・・・・


更にこのマルグリットはもともと身体も弱く、最後はアルマンを思いながら自分のベッドで息を引き取ってしまうのですよ・・・


泣ける~~~~~~~~~~~  




その泣けるバレエは是非本番をご覧になってください。


入場無料です。



私?
舞踏会に出ている貴族の役ですねん。
その他大勢ちゅーやつですねん。

グランドバレエは17時から。
バレエの発表会ってすご~~~く長時間で、最初のコンサートから全部見ると4時間越。
でもめったに見られないバレエの世界。

たまには覗き見るのもいいですわよ~

 

2015/4/12
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事