先月の初め、トライアルに行ったこはるちゃんも正式譲渡が決まり、
かのんさん経由で送られてくるこはるちゃんの顔もまた、
病院で私が見た時よりもはるかにいい顔になっていた。





当然警戒心はMAXだったはずだけれど、怯えて隠れたかと思えば、名前を呼んで撫でてあげると急にスリスリしてくる。



ツンデレの素質を見せていたこはるちゃんは、
1週間後には里親様に頭突きしまくり。









こんなにも早く慣れるとは私達も驚きだった。




野良猫から家猫へ


生まれた時から野良なのか、それとも事情があって野良になったのか、
どちらかはわからないけど、
人と暮らせる可能性がある猫達がこんな風に外にいるのかと思うと不憫でならない。





ふさねちゃんやこはるちゃんばかりじゃない、



そんな猫が他にもたくさんいるのだろう。

そんな猫達すべてを助けてあげることなんてできない、どこにいるかもわからない、

ただ、1匹ずつ、野良猫というものを1匹ずつ減らしていくだけ。





こはるちゃん、かのんさんに捕まえてもらってよかったね。








スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事