餌やりおばさんももう少し郊外にいけば同じ家賃で広い部屋が借りられただろうけれど、この界隈は昔おばさんの家があったところで、自分がずっと餌やりしている場所でもある。
だから他へ引っ越せない。
けどねぇ・・・



餌やりおばさんはもちろん猫が大好きだから、ぴょん太のことを充分可愛がってくれていた。


でもおばさんは私にこう言っていた。

「この子はいい子ですけど、抱っこは嫌いだし、噛むし、乱暴ものです!すごいですよ、家の中のものを全部落としちゃいますから!」


「・・・・・・・・・・」


そもそも部屋が狭いんだから高い所にだって登るし物が溢れているから落とされるんだろう。
それに私が知っているぴょん太は、おとなしくて抱っこだって好きだしそれに噛むだなんて・・・


「なんで噛むんだろう・・」


そうつぶやくと餌やりおばさんは、

「あらけむさん、歯が生え変わる時だからかゆくて噛むんじゃないですか、もっと勉強して下さい!」



  


そうじゃあないんだよ、ぴょん太はそんな子じゃないんだよ、
おかしいなぁ、なんでだろう、、、、



もしかしたらぴょん太はここに居るのが嫌なんじゃないだろうか?







私はもうぴょん太を餌やりおばさんのところに置いておきたくない、と思った。


・・・・・・・・・・・・

そうだ!一時預かりさんを公募したらどうだろう、
里親募集サイトで一時預かりさんを募ってみるんだ、
藁をもすがるってやつだけど、もしかしたらそんな人も現れるかもしれない!

エイケミさんに相談するとエイケミさんも賛成してくれた。



急募・市内の方・猫の一時預かりさん募集



するとなんと!ひとりの女性が名乗りをあげてくれた。
市内の方で私の自宅からも近かった、よしっいいぞ!
私とエイケミさんは喜んでその女性の住まいへ行き、ぴょん太とお見合いをしてもらって話しを聞いたのだが、

結局先方が希望する預かり期間があまりに短期過ぎて、あきらめざるを得なかった。










しぶしぶぴょん太を再び餌やりおばさんのアパートへ連れて帰る。



ぴょん太は去年の10月に生後2ヶ月くらいだったから多分8月生まれくらいだった。
もう去勢手術の時期だ、
今度去勢手術をするタイミングでおばさんのところからぴょん太を連れて来たら、
そうしたらもうおばさんのところへ戻したくない。


ぴょん太、ゴメン、ゴメンね、もう少し待っててね。



誰かいないだろうか、
誰かいないだろうか、、、、、。





(続く)


2015/4/9 一時預かりさんとお見合い
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    あああ〜

    やはり度を越えて散らかってる家にはなにがしかの問題点が…
    猫にとっても人にとっても片付いて清潔な部屋がいいんですもんね。
    ぴょん太に安心な場所で過ごして欲しいけど…
    うう、悩ましいですね。

    ( 12:44 )

  2. 優作 | -

    う~ん…

    エイケミさんの家の猫を預かり募集して
    ぴょんたをエイケミさんの家に連れて行く

    ダメかな…

    ( 20:57 )

  3. けむ | xzfXrOoo

    Re: ふぶきさん

    ありがとうございます、散らかっている上にものすごく狭くて、それでもそこに頼るしかないことがせつなかったです。
    この話しはまだ続きがあります、どうかうまくいきますように。

    ( 12:25 [Edit] )

  4. けむ | xzfXrOoo

    Re: 優作さん

    一緒に真剣に考えていただきありがとうございます。
    エイケミさんのところにいる子猫はものすごく臆病で、やっとエイケミさんのところに慣れたくらいで・・・だから里親さんなかなか見つからないんですが、それ以外に自分の猫も3匹います。エイケミさんが飼うというのは最後の手段なんです。最後の手段の前になんとかしたいのです。まだ続きあり。

    ( 12:28 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事