4月10日、ハナちゃんの目の手術。




手術前








手術翌日 4月11日








4月14日退院



目薬をたくさんもらって一旦退院してNさんの家へ。
目は赤みを帯びている。




15日 心配でNさんに写真を送ってもらう。



目頭の瞬膜の中に水のような空気のようなものが溜まっている。
それが気になる。




4月21日 1週間後の検診。






ハナちゃんの目は再び癒着を起こしていることがわかった。
目頭には相変わらず水が溜まっている。(空気でなく水~体液だとわかる)




ハナちゃんは体質なのか、しばらくするとまた癒着を起こしてしまう、、、
それでしばらく病院に預かってもらい経過を病院側で診てもらうことにした。
その方が安心だしありがたい、
なぜならNさんは車を持っていないため病院への送り迎えは私がやっていた、
病院からは「1日置きに通院できますか?」と聞かれたがそれもとても無理だったからだ。


今回の病院だけじゃなく、

Nさんの猫を譲渡会に参加させる時はいつも送り迎えを私が買って出ていた。
それはNさんのためというより猫の負担を考えてのことだった。

車で送り迎えすることなど大した労力じゃない、電車とバスを使って来るならば送り迎えなどわけない、
そして何よりせっかくのかわいい子猫達に良い里親さんを見つけてあげたい。



ハナちゃんの兄弟のムギちゃんもチャジロウも、





去年Nさんが保護したコーシローくんや茶タローくんも、

一匹でもたとえ遠方でも



ししまるくんややまとくんやこむぎちゃんも、

捨てられた3匹の子猫

学生・ひとり暮らしお断り



皆そうやってNさんと二人三脚で里親さんを見つけてきた。


それにハナちゃんの目の手術は、そもそも誰より私が望んでしたことだったから。






ある時病院への行き帰りの車中で、Nさんにぴょん太の話しをしてみた。

「ダブルキャリアの子がいるんです、それで今預かってくれる人を探しているんです」


今は餌やりおばさんのところにいるということ、でもそのおばさんのところに長く置いておきたくないということ・・・
するとNさんが「心当たりがあるので聞いてみます」と言ってくれた。



するとなんと、

なんと、

Nさんの職場のお知り合いの方がぴょん太を預かってもいいと言っている――と。




ホントですか!!!




よし!
ぴょん太の去勢手術の予約をしよう!
そして手術が終わったらもうおばさんのところにはぴょん太を戻さない、
もうあの部屋に帰らなくていいんだ、
新しいおうちに行くんだ!
やった~~~~~~~~~!!!!!!





5月1日 ぴょん太の去勢手術を予約



(続く)

2015/5/1 ぴょん太、去勢手術
スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    ハナちゃん、体質的に難しいのでしょうか?
    スッキリ治ってほしいなぁ...
    人間ならまだしも、自分でケア出来ないですもんね...
    ぴょん太くんの件がうまくいきそうなら、ハナちゃんだってきっとうまくいくはず!

    猫神さま、お願いッッッ!

    ( 09:28 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: 坂ちさん

    猫の目の癒着ってよくあることで、その手術もよくある手術で、私ももっと簡単に終わるのかと思ってました。
    「癒着しやすい体質」なんだそうです。
    もう時間はかかろうと、最後は綺麗に治って欲しいです!

    ( 12:31 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事