Nさんから紹介してもらった方と連絡が取れ、ぴょん太を連れて行くのはゴールデンウィーク明けとなった。
お休みの間お仕事が忙しいということだったので、
ゴールデンウィークの初日に去勢手術をしたぴょん太は、また1週間ほどどこかに預けないとならなかった。


もう餌やりおばさんの家へ返したくない、、うちに連れてきてわが家の猫と隔離して置いておけばいい。

・・・・・・・・・・

いや待てよ、もう一度妹に頼んでみようか・・・。




ぴょん太は保護してすぐ妹の家で2ヶ月ほどを過ごした。
その時は無邪気でおとなしい子だった印象なのに、餌やりおばさんは「乱暴もの」と言っている・・・・
もしおばさんが言うことが本当ならぴょん太は性格が変わってしまったのかもしれない。

それが気にかかっていた。
それならばぴょん太を昔いた家に連れていけば昔のことを思い出して、
またもとの素直でおとなしいぴょん太に戻るんじゃないか―――




妹に頼みこむと・・・オネガイ!・・・
「1週間ならいいよ」という返事!

姪っ子もぴょん太が来ることを大喜びしてくれた。



餌やりおばさんのところにいたのは4ヶ月半。
妹のところにいた時よりも倍以上長い時間いたんだ・・・
身体も倍以上大きくなっている。
ぴょん太、覚えているかな・・・

手術の翌日、私はぴょん太を妹の家へ連れていった。

(なんとぴょん太を病院に迎えに行った時「ノミがいる」と言われた。家の中にいたのになぜ・・・







妹の家ではぴょん太を「れお」と呼んでいた。
姪っ子がジャングル大帝の白いライオンから名前を取ったのだった。

餌やりおばさんのところに居る間も、姪っ子から「れおは元気?れおはどうしてる?」と度々聞かれ、、、私はなんとも答えられずにいたのだった。



キャリーから出すと最初はビクビクしていたけれど、
家の中をなんとなく歩きまわると、洗面所に行き洗面台の下に隠れた。
妹の話しによると、以前もその場所によく入り込んだのだという。







「れおくん、覚えてるのかな?思い出してくれたかな?」

とわが妹が言った。



思い出してるでしょ。

思い出してるよ。





遊ぶのが大好きで、なんでもおもちゃにして転がすぴょん太。

このぴょん太のどこが乱暴者だというのだろう。




ひとしきり歩き回ってくつろぐぴょん太




「れおくん、私が行くとこ行くとこ足にまとわりついてくるよ


「れおくん、うさぎのぬいぐるみを投げると持ってくるようになったよ」
(昔遊んでいたうさぎのマスコット人形のこと)


わが妹、現在離職して就活中。

おかげでぴょん太とべったり一緒にいて遊ぶから、必要以上にやんちゃになったんじゃないか・・・




もう安心だ、このぴょん太ならどこに連れていっても大丈夫。




2015/5/2
スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    ぴょん太くん、おばさんちが嫌だから?
    暴れちゃったのかね?そこら辺は
    当猫で無いと分からないけど、、
    妹さん宅では、家族にむかえられないんですかー?
    いつも行くお茶屋さんに先日行ったら
    近くのペットのご飯売ってる所で
    譲渡会があって、、そこでオトナ猫を
    家族に迎えてくれたそうです。
    いつも行くたびに、猫の話とかしていたんですが
    その人も買うのは嫌だから、、と
    たまたま行ったら良いコがいて、、
    で、いつもご飯とか必要最低限しか
    話さない長男くんが、ものすごく可愛がって、、
    家族の空気がよくなったみたいです。
    うちもフジっぺが来なかったら、、、
    結構最悪に進んでいったかも、、の親子関係w

    だから妹さんちも、、どうですかね?居ましたっけ?(~_~;)

    情操教育にいかが〜?(~_~;)

    ( 11:24 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: 坂ちさん

    猫のおかげで家族の中がうまくいくようになった話しはよくありますよね。
    坂ちさんち近所のお菓子屋さんも良かったですねぇ〜
    うちの妹はペット不可、嫁に行った娘が猫アレルギー、それで飼ってないのです。
    無理矢理猫の預かりはやらせましたが(;^_^A
    続きを待っててくた!

    ( 13:33 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事