その前の記事→三毛猫ハナちゃん②~目の手術




その後の経過

4月29日 病院へ面会








4月30日





やはり目頭の瞬膜の中に水のようなものが溜まっている。

それで先生が瞬膜の裏側に穴を開けてその水を出すようにしてくれた。





5月9日 やっと退院





水泡のようなものがなくなった。





5月16日通院






この時点で目に光をあてても光彩が変化しないことから、視力は見込めないことがわかり、
少し残念だったが目の表面は随分きれいになった。




5月31日通院







手術前の「目の周りが乾いてパリパリする」症状は改善され、あとは目頭の瞬膜が徐々に小さくなって落ち着いてくるだろう。


次回の通院は1ヶ月後でいいと言われた。




ところがある時からハナちゃんの目から大量の涙・・・というか液が流れ出るようになった。
保護主のNさんは慌ててハナちゃんを病院に連れていってくれた。

それは眼房水という角膜と水晶体の間にある体液で、
それに対する対策はなにもないという。

でもこのまま眼房水が流れ続けると、徐々に目がくぼんできてやがて目が陥没してしまう、、痛みを伴う場合は眼球を取り除く方法もあると聞かされる。


まさか。


まさかそんな。




瞬膜を切開する手術なんて簡単な手術のはずだった、
今までだってそんな子はたくさんいたし、避妊手術のついでにやる程度の手術だったし、
ただハナちゃんの目の表面をつるんとさせてあげたいだけだった。



ショックだった。


ハナちゃんに良かれと思って手術を勧めたのに・・・・・




6月27日通院



目の周りが腫れている。
目は少しくぼんできているとNさんが言った。




    




7月6日通院

ハナちゃんは常に涙が出続けている状態だった。それは涙ではない。
感染症予防の飲み薬と角膜保護の目薬をもらって、このまま経過を見守る。
次に来るのは1ヶ月後くらいでいいでしょうと。







保護主のNさんは、

「食欲もあるし元気だし、痛い様子もないし、なるようにしかならないからこのまま様子をみます。
でも里親探しは落ち着くまでできないですね」

と言ってくれた。





ハナちゃん、ごめんね、ごめんね、ごめんね、、、
こんな結果になってしまって、、、、




ハナちゃんはきれいな三毛で、丸顔で、目がまんまるで、、、
私はなぜかハナちゃんが大好きだった。


眼房水が出なくなるのに半年~1年くらいかかるという。
出なくなる時、、それは右目がくぼんで小さくなって落ち着く時ということなんだ。



・・・・・・・・・



そうしたらすっかり大人猫になってしまうけど、それからでも必ずハナちゃんの里親さんを探そうと思う。



だってハナちゃんはいい猫だから。




2015/7/6
スポンサーサイト


コメント

  1. ちわここぱぱ | -

    最善策をとったんだから
    ハナちゃんも受け入れてくれるよ

    ( 08:01 )

  2. けむ | -

    Re: ぱぱさん

    そうでしょうか、、ハナちゃんにそう言ってもらえたら嬉しいです。
    ありがとうございます(ノ_;)

    ( 23:38 )

  3. ふぶき | -

    ハナちゃんはホントに可愛い顔の猫さんですね。
    手術のことはハナちゃんも承諾してたかと思うし、本人にとっては多分手術することと結果とは別のことなんでしょうね。
    ただただ、ハナちゃんの苦痛がなくなるといいですね。
    おっとりお利口で可愛いハナちゃん。
    ハナちゃんを可愛いと思う人はたくさんいると思うな。

    ( 22:56 )

  4. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    いつもブログを丁寧に読んでくださって見守り励まし優しい言葉をかけてくださりありがとうございます。

    ハナちゃんに申し訳ない、手術の間、入院の間、苦痛と不便をかけてしまって、それも良くなればこそだったのに本当に申し訳ないです。
    せめて最後に落ち着いた状態が今より悪くなりませんようにと、そこを祈るばかりです。

    ( 23:52 )

  5. ななくり | e/FxDEek

    ハナちゃんよく頑張ったね

    可愛いにゃんこ。
    パステルミケの画像検索で
    「ん?あれ、目が痛そう。どうしたのかな」と心配になって画像からここへたどり着きました。
    里親探しのお仕事、偉業です。
    犬に比べて猫は雑種もアリという感覚が強いと思います。
    それでもやっぱり模様や性格で選んでしまうのが人間。
    良い子で模様もキレイ、目は可哀想だけど、その分大人しい子になるかもしれないし、愛着わきそうですよね。

    ここまで一匹のにゃんこのために病院もしっかり連れて行って思いをかけてあげてること、尊敬します。
    猫一匹が当たり前にないがしろにされてる中で、一匹の価値を考えさせられました。
    どうかどうか、あなたのような愛情をもった人がくじけることなくにゃんこのために尽力し続けられる世の中でありますように

    ( 18:34 [Edit] )

  6. けむ | -

    Re: ハナちゃんよく頑張ったね

    ななくりさん、コメントありがとうございます。

    >猫一匹が当たり前にないがしろにされてる中

    そう、猫はなぜかかくも不幸な身の上におかれてますよね。
    まるで不幸になるために産まれてきたかのように。
    だからこそ関わった猫さんは、救えた猫さんは、必ず幸せになって欲しいです。
    ハナちゃんの里親さんを探すことをまだ諦めていません、ハナちゃん自身もまだ頑張っているし。
    ありがとうございます。

    ( 23:34 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事