桜子ちゃんは市内の若いご夫婦のおうちへ。


はじめは空き部屋にケージも用意してもらって、そこからトライアルをスタートしたけれど、
2週間後に正式譲渡のお返事をもらった時には、もう一緒に寝ているというお話だった。



お届けの日、窓のカーテンの中に隠れる桜子ちゃん






正式譲渡の時に、これだけは言っておこうと、
桜子ちゃんの脱走事件のこと、ここに来るまでにたくさんの人が関わってきたことをお話しした。


言葉で話すと簡単に話し終わってしまうけれど、
皆で集まって手分けしてポスターを貼ったこと、
目撃情報の界隈を聞きこみして歩いたり、
夜中に河川敷を猫の鳴きまねをしながら探し歩いたり、
桜子を保護した近所の公園にもしや帰ってきてないかと何度も通ったりした、、
、、、、、、、、、、
私にとっても桜子はなんと思い出深い猫だったことか。

それは私だけでなく、
エイケミさんや、元の飼い主のTさんご夫婦や、周りのたくさんの仲間も。


だから桜子ちゃんには絶対幸せになってほしいのだと、
もう2度と脱走してほしくないのだと。




桜子ちゃんにとってそんな私はもう知らないおばちゃん・・・





やっぱりカーテンの中に隠れてる。



そして私を見て逃げる・・・



いいけんね、別に。




もう他の場所に連れて行かれたくないって思っているならいいけどね~~~~~~~


 



気持ちに言葉がついてこなくて、なんだかまだ言い足りないような気がしたけれど、
「よろしくお願いします」と早々においとました。





里親様の同じ敷地内には旦那様のご両親が住むお宅もあり、おかあさんは3匹のミニチュアダックスを飼っている。
帰り際にちょうどワンちゃんのお散歩から戻った旦那様のおとうさんとおかあさんに会って立ち話をした。
旦那様のおかあさんは動物のベテランさんで、このワンちゃん達もブリーダーさんのところで売れ残っていた子を引き取ったのだと言う。





おかあさんとお話しをして、動物の気持ちがよくわかっている人だなぁ、、と感じた。
そして横で笑っているおとうさんもとてもやさしい目をしていた。
若い夫婦は猫を飼うのは初めてだけれど、そんなおとうさんとおかあさんがついててくれるから大丈夫。


桜子はホントにいいおうちにもらわれたなぁ・・・

ホントによかったなぁ・・・・・




滅多に里親様の写真は撮らないけれど、今回は桜子を抱っこしてもらったお二人の写真を撮らせてもらった。
それはかかわった皆に見せたかったため。
M田さんやアラレさんや元飼い主のTさんの奥さんにも。(ご主人はお届けに同行してもらっていた)


そしてこんな写真も。







桜子ちゃん、元気でね。

たくさん可愛がってもらってね。








2015/5/10 桜子正式譲渡
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    おお、おばちゃんまた目頭が熱く…!
    桜子ちゃん、いいお家だねぇ〜
    桜子ちゃんのお話は長編だったので、こんなまとまり方は感慨深いです。
    桜子ちゃんそのお家で家族の皆さんといっぱい仲良しして暮らしてね。
    なんでだか、桜子ちゃんにもありがとう、て気持ちになりました(笑)

    ( 10:35 )

  2. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    桜子ちゃんの物語りをずっと見守り応援してくださってありがとうございました。
    今度こそ桜子ちゃんがすっとここのお家で、落ち着いて暮らしてくれることを祈ります。
    桜子ちゃんに2度と会えなくても。

    ( 22:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事