泣き顔のチビキジちゃんを亡くしたのは私の責任でもあった。


私が家にいたならもう少し早く異変に気が付いただろうに。
仕事で家を留守にする身でこんな小さな子を預かったりしたからだ・・・


・・・・・・・・

できる範囲でやっているのだから仕方がない、
ハッチーさんが「最後にたくさん食べらて幸せだったと思います」と慰めてくれたのでそう思うようにした、、、今の状態で子猫の保護などしない方がいいことはわかっている、、、でもそういった不幸が積み上がろうともっと不幸な猫が増えるよりはいい、そう思うからやるしかない。
一匹でも野良猫を減らしたい、それだけだった、この子たちがこのまま外にいたらもっと悲惨だったに違いないから、、、



あと子猫は2匹いる。
するとまたタカラさんから「1匹捕まりました」と連絡をもらった。

「すごく怒っていて餌も食べようとしません。こんなで慣れるかしら」


・・・


そう言われても保護しないわけにいかない。

そこの餌やりのおうちはどうもあてにならない。
あんな栄養失調の子猫がいるくらいだ、もうそこの猫を死なせたくない。


「大丈夫です、連れに行きます」




今度の子猫はキジトラ短毛の女の子。




シャー言って身体を縮めて、あ~~~~~この子も慣らすのか~~~~~~~~





仮名をミドちゃんにする




それでなくても長毛キジの男の子はシャーどころか「プッ」をつけて怒る。

でもチビだから恐くない、噛まないし、引っ掻きもしない。








たくさん触って遊んで撫でくりまわして慣らしていくしかない。
あ~~~時間が足りない、子猫と遊んでいる時間が~~~~~~~






この子はタカラさんが「シャーちゃん」と呼んでいたのでシャーちゃんに




黒い子は目がパッチリしたらすごく可愛くなって人慣れもバッチリ!

この子の仮名はクロチビちゃん










T町の子猫達は下痢をしていた。

検便の結果はなにもなかったのに下痢が治らないので、下痢止めの薬をのませることになった。
下痢の食事療法のフードを食べさせ、ビフィズス菌の薬を餌に混ぜる、
忘れそうになるけどグレーのチビちゃんもまだ家に居て、鼻水が治らないから点眼点鼻、離乳食づくり・・・
茶トラのチャジロウはTさん旦那様に預かってもらったので助かったが、チビちゃん入れてわが家には子猫が4匹になった。



おかげでナナもミカもまったく私の膝に座れなくなった。





ごめんね、ナナ、ミカ。








2015/6/17 ミドちゃん保護






スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    作戦中ですね

    チビキジちゃんの事は胸に堪えました。
    保護してご飯食べさせてまるまるするばかりではないのですね。
    知りませんでした。
    それだけギリギリの状態で保護されたのですね。
    でもチビキジちゃんも兄弟も人の手と情がかかって良かったと思います。
    人と距離の縮まった猫は、次はもっと人の近くに生まれると聞きました。
    私はいつも次は必ず家の猫に生まれるんだよ、と言ってます。
    家のない猫はいなくなるといいのに。
    子猫のお世話が大変そうで、お家の猫さんたちにも悪いけど、ケムさんみんなピチピチ大きくなるまでがんばってください〜!

    ( 01:08 )

  2. けむ | -

    Re: 作戦中ですね

    ふぶきさん、私も同じ気持ちです。
    ただただ、たくさん食べよと、今までの分を取り戻せよと、、それが逆目に出たのかもしれなくて、、かわいそうなことをしました。
    生まれ変わったら家の猫になれよ、それはあまりに当たり前のことで、そしてあまりに当たり前のことが少なくて、
    猫は本来人に飼われる生き物のはずなのに、こんなにもかけ離れた行き方を強いられるばかりなら、
    そんな割の悪いものに産まれて来るなと思う、、それは野良猫がいなくなって欲しいという願いでもあるのです。

    ( 00:21 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事