先日の譲渡会にはエイズの陽性反応が出たミリヤとマシャも参加させた。


エイズはこわい病気じゃない、普通の猫と同じように過ごせるし他の猫と同居もできる。
それにまだ子猫だしあの子達はまだエイズが確定したわけじゃない。

譲渡会にはエイズキャリアの成猫さんも参加しているくらいだ。




真っ白で神々しい美しさのミリヤ





まん丸でふわふわでかわいいマシャ





どちらも少しでもかわいい時期に里親さんを見つけたいと思って参加させた。




◇◇◇




エイズキャリアのマッくん。6歳 ♂





ものすごく性格のいい子で現在動物病院に保護されている。



マッくんを譲渡会で見るたびに、

6歳でエイズ・・というと最短寿命はあと4~5年?
(私のかかりつけ獣医さんはエイズの子は10年と言っている)

その間ずっと動物病院にいるんじゃ不自由なことだろう・・・


と思っていた。


よし、マッくんは私が病院に代わって預かるぞ!
里親さんが見つかるまでわが家にいれば少しは広々暮らせるだろう。
マッくんはやさしい子だから、うちの女の子達ともきっと仲良くやってくれるに違いない!


そう「マッくん私が預かります宣言」をしたものの、そうは言ってもまずはチャジロウを出さないとならない、
マッくんを預かるのはそのあとだ、
そう思っていたところ、



なんと、



先日の譲渡会で、



マッくんの里親さんが決まった!!!






30代くらいのご夫婦だった。

もうそりゃー嬉しかったのってなんのって。




その譲渡会でミリヤを見染めてくれたご夫婦もいた。
でも「エイズ陽性反応がある」話しをしたら一日考えてから返事をしたい、ということで一旦持ち帰りとなった。




結果は


「今回は見送らせて下さい」



まぁ無理もない。
次に期待しよう、、、




するとまたすぐにハッチーさんのブログから若いご夫婦の申し出があり、
ではお見合い、というところまで来て、


またもや
「受け入れる心の準備ができない」
と見送り。



どちらもとても良さそうなご縁で、その都度否応なく私の期待値も上がってしまっていた。



あ~~~がっかり。






でもハッチーさんから

「マッくんもらわれたから大丈夫ですよ」
と言われ・・・・






そうだ。

マッくんだって里親さんが決まったんだ。
6歳でエイズだけど里親さんが決まった。

ミリヤだってマシャだって、あと6年猶予があると思えば、、、、

6年あれば余裕だぞー!




それくらいの気持ちの余裕を持たないと。



よかったね、マッくん、、、本当に良かった。
きっと幸せになってね。

おばちゃんも絶対あきらめないからね。











2015/8/23
スポンサーサイト


コメント

  1. マッくんおめでとう!よかった~~(^-^)
    うちでもエイズキャリアの保護猫がいるんですけど、
    10年ですか?
    推定年齢5歳くらいかな?じゃあと5年・・・

    でももっと長生きしている子も多いですものね。

    ところでエイズキャリアの子とノンキャリアの保護猫と
    お水もトイレも一緒なんです。

    グルーミングはしてないんですけど、
    ちょっと心配で大丈夫でしょうか?





    ( 23:05 )

  2. けむ | -

    Re: さとみさん

    さとみさん、ありがと~~~
    マッくんホントによかったです、嬉しいです。

    うちもケムリとオージがエイズでした。
    他の子とすべて一緒に生活させていました。
    人間のエイズと一緒で、血液や体液の交換をしないと伝染らないと言われていますが、私も本当のところよくわかりません。
    ただ他の子達とお水やトイレを分けるのは困難なので同じにしていました。
    これからも伝染らないと信じて同じにするつもりですけどね^^;

    ( 09:31 )

  3. しいたけ | CpajgMmM

    初コメントです。いつもブログを拝見しております。(いろいろと勉強になります)
    我が家にもエイズキャリアとノンキャリアの子がいました。
    ご飯は別でしたが、お水とトイレは一緒でした。特に問題はなかったです。
    通院していた動物病院でもエイズキャリアの子がいつも受付にいて、院長先生もエイズについては白血病ほど問題にされてはいなかったですね・・。
    むしろケンカで噛まれると感染するのではないかと思います。
    我が家でもノンキャリアの子にグルーミングしたりしていましたが、もう本当に普通猫と同じ扱いで飼っていました。
    気をつかったのは、シニアになると口内炎になったり口の中の病気がでてくると、出血があります。そのときだけ、水とご飯だけは別にしていました。
    昨年、エイズキャリアの子を16歳と半年で看取りました。エイズを発症したというよりは慢性腎不全で眠るように逝きました。
    だから、エイズ陽性というのはそれほど気にすることはないので、そのあたり多くの方にご理解いただけたらな・・・と思います。
    あと、気をつけることはどうしても口内炎にはなりやすいと思いますので、健康診断のときに常に口をチェックしてもらい、歯石取り、抜歯をしっかりしておくと尚良いと思いますよ。エイズキャリアにかかわらず、シニアになると麻酔ができなくなることがありますので・・・。
    ミリヤとマシャの良縁を祈っています。

    ( 09:47 [Edit] )

  4. けむ | -

    Re: しいたけさん

    エイズの子を16歳で看取ったんですね!
    全然普通の子と同じじゃないですか?!そういう例があると勇気が出ます。
    昔は野良ちゃんてほとんどエイズだったって聞きます。エイズは治らない病気ですから治そうとしなくていい、エイズと付き合っていけばいい、そうすればしいたけさんのように対策を打てるのですから!

    参考になるコメント、ありがとうございます!

    ( 12:32 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事