猫の里親様でいらっしゃるめどんどんさんは、「多肉植物LOVE」の人で、

愛する多肉植物と猫のことを書いているブログを、私もたまに覗き見ている。




「緑のめどんどん」




ある日そのブログで多肉を株分け(?)してもらえることを知り、「欲しい」と手をあげたところ、譲渡会の日に様々な種類の多肉を持って来ていただいた。

たくさんあったので他のメンバーと争って持ち帰り、さっそく寄せ植えをして育てることに。



実は・・・・

自慢じゃないがわが家は植物が育たない家でございまして・・・・

そもそも花を飾っても猫が全部花瓶から引き抜くし、
観葉植物は噛まれて無残な姿になる。

でも多肉ならいいかもしれない。
葉っぱがぴらぴらしてないから猫も興味を示さないだろうと、
めどんどんさんから伝授していただいた育て方を実践し大事に育てたところ、、、


BEFORE






AFTER









びみょー

全部で6種類あった多肉は3種類になってしまい寄せ植えのつもりがすでにスカスカ。

なんかみすぼらしい、、、、



言い訳するわけじゃないけど、
こんな多肉植物でも猫は容赦なくひっこ抜くことがわかった。


土に植えて根がつくまでが大事だっつーのに。



猫のせいなのか私の育て方が悪いのか。



・・・・・・・




めどんどんさんごめんなさい。
でも生き残った子達はしっかり大きくして、またそのうち新たなメンバーも増やし、
いつか美しい寄せ植えを作りますから。





更に実家で大きく育ち過ぎたイモの葉も、さすがにこれなら抜かれる心配はないとベランダに置いたところ、


今度は土を掘る。



それでワインのコルクを表面に置きなんとか防衛している。






これは猫友のchuchuさんがやっていたのを真似てみた。
ちなみにコルクは自分で飲んだわけじゃなくてイタリアンレストランから貰ってきたのだよ。はっはっは




さて


やっと保護猫達をベランダに出しても脱走の心配がなくなってやれやれだ。

ここにいる方がいいってわかってくれたのかな?







これからいい季節になるから、ベランダに出られるようになってよかったよ~♪






でも多肉には近づかないでね








2015/9/30

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事