先々週の金曜日、仕事終わりにめずらしい人から電話があった。



それは近所のM公園で毎晩猫と遊ぶのが趣味(?)のFおじさんからだった。

以前みーちゃんやベレーちゃんを捕まえてくれた不思議なおじさん。

足首の折れたみーちゃん




Fおじさんは昔教育テレビの「できるかな」に出ていたノッポさんに似ているので、便宜上「のっぽさん」と呼ぶことにしよう。



のっぽさんはM公園の近くに住んでいたが、仕事の関係で1年ほど前に隣町に引っ越してしまっていた。
のっぽさんのような人がいてくれると人馴れしてない猫を捕まえてくれたり、新しい猫がいたなどの情報をくれたりしてありがたかったのに、引っ越してしまって「惜しい人を失くした」状態だった。

そののっぽさんからの電話だった。


すると今餌やりのKさんと一緒にM公園にいるが迷い猫がいる、しばらく餌にありつけていなかったらしく弱っている、というではないか。


えええ~~~~


大急ぎで家に帰りキャリーを持って公園に行くと、その猫は餌やりのKさんにおとなし~く抱っこされていた。


困った、その日の夜は友人が出演するライブを見に行くことになっていて、明日はフリマで朝早くて夜は結婚式の2次会に呼ばれているし、そのまた次の日は譲渡会だ。
(い・・・忙し過ぎるだろ・・・)
そこでいつもお世話になっている病院にヘルプをお願いし、駆虫・検便などの検査をしながら3日ほど入院させてもらうことに。



それが「なおじろう」




まずはタオル抱っこ



のっぽさんとKさんの話だと、M公園の猫ではなく初めて見た、どこからか迷ってきたか捨てられたか、今まで野良なんてしたことのない猫だ、ということだった。



あ~あ、そんな子を、いくら元気になってもリリースするわけにいかない。

結局また私が保護することに~~・・・





それが


ものっすごく人懐こくて、ゴロゴロベタベタ。
この子今までどこにいてどうやってM公園に来たのだろう?



耳ダニ・回虫・甲虫がいて投薬、それと血液検査の結果白血球が高いので後日通院、しかも「他の猫と接触させない方がいいでしょう」と言われまたまた隔離・・・
わが家は二部屋しかないんだけど~~~


かくしてまた1匹増えちゃった。



なおじろう

生後5ヶ月、左目に先天的な角膜の濁りがあるが視力あり。
エイズ白血病陰性、去勢手術予定










エジプシャンマウみたいなスポット柄がステキ
ちょ~~~~ゴロゴロベタベタな猫






里親募集中です!





2015/10/16 なおじろう保護
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    なおじろう、名前の由来は…
    友達の娘が拾って来た猫と経緯が似ています…
    どう贔屓目に見てもお外で餌なんて取れそうもなく、ガリガリに痩せて風邪ひいてうずくまっているという。
    すごく大人しいよ、と友人は言うが、それは弱ってるのよ、という。
    元気になったから良かったけど、娘が拾わなかったらちょっとヤバい感じでした。
    その子はそのまま友人宅で飼われ、猫初心者のママをメロンメロンにしているという。
    なおじろうはどこから来たの?おじさんたちに見つけて貰って良かったね。お家に入れて貰って良かったね。
    寒い季節にベタベタ猫は超オススメです♪
    それにしても、けむさんのスケジュール…!(笑)

    ( 18:02 )

  2. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    猫の名前はイメージでつけます。なおじろうはなんとなく・・・そんな感じでしたので・・・^^;
    ふぶきさんの方の猫さんも拾ってもらって良かったですね~~その猫さんも他人(猫)とは思えないです。
    なおじろうはイケメンじゃないけど、人懐こいのは美徳ですから!

    い・・・忙し過ぎですよね、私。^^;

    ( 00:25 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事