ジロちゃんが結膜炎になってからもう2週間経っていた。
2週間目薬をさし続けて最近やっと目の腫れがひいてきた。

マシャもムゥちゃんも治るのに2週間もかかるんだろうか・・・




10月31日 マシャ



11月3日 マシャ
全然良くなっていかない。



たまたまその症状をハッチーさんに話したら「それクラミジアかもしれないですよ」と教えてくれた。


何それ???


猫クラミジア感染症が猫風邪と違うところのひとつには「片目ずつ悪くなる」ところらしい。
確かに猫風邪なら両目くしゅくしゅするはずだ。
片目だけだったので、私も最初は遊んでいて誰かの手が当たっちゃったのかな~と思ったのだ。


早速調べてみた。

「猫クラミジア感染症」―――感染力が高くて多頭飼育の場合一匹がかかると全員がかかる、ウィルス性の結膜炎より経過が長くて簡単に区別ができない、通常は片方の眼の炎症から始まる・・・・







こりゃー間違いないわ。

うちの子猫達の結膜炎はクラミジアじゃん・・・



しかも感染猫との接触により菌が口、鼻、目より侵入し感染するって・・・もしかしたら私が猫へ伝染させる原因になっていたのかもしれない。
たとえばジロちゃんの目薬をさしたあと、予防のためにマシャに目薬をさしたりしたことで、逆に菌を運んでしまったとか・・・


正しい病名を知ることは早く治癒するのに必要なことだ。
医者のいうことだけ真に受けているのでなく、自分でも調べたり勉強しないと・・・
病院の先生でも判断が難しい病気だってある・・・




するってえと今まで必死でさしてきた目薬は変えてもらった方がいいのかもしれない、と、
ちょうど使い終わったタイミングで違う目薬を出してもらった。


今まで使っていたのが「リンデロン」

新しくもらった目薬は「クラビット」




すると


1回さしただけで


きれいになってきた~~~~~~~~



目の周りにこびりつく目ヤニがなくなった




 う。

 うう。

 ううう嬉しい~~~~~~~~~




これでやっとマシャをトライアルに出せる・・・・






ところでこの猫クラミジア感染症は猫用ワクチンで予防できるらしいのだが、

確かにワクチンの種類には入っているけど、
通常ワクチンは3種混合を接種することが多い。


3種とは
・猫汎白血球減少症(伝染性腸炎)
・猫ウィルス性鼻気管炎
・猫カリシウィルス感染症

(うちの保護猫達はすべてこれ)


それに
・猫白血病ウィルス感染症
・猫クラミジア感染症

が加わると5種になり、


更に
・猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)→つまり猫エイズ

が入ると6種になる。


3種のワクチン打っててもクラミジアだったら伝染るワケだ・・・



白血病のワクチンはいらないから3種にクラミジアを入れて「4種」のワクチン作ってくれないかな~~~
(とハッチーさんも言っていた)






とにかく外から病原菌持って来ないように手洗い励行、だね。

それに急に寒くなってきたから、人間も風邪にも気をつけないとね





10/10撮影




2015/11/5
スポンサーサイト


コメント

  1. ちわここぱぱ | -

    みんな良くなって良かったね~ヘ(^o^)/

    ( 07:38 )

  2. けむ | -

    Re: ちわここパパさん!

    あ~り~が~と~う~!!!
    こんなのお世話してるのでそちらにも遊びにいけませーん。泣
    治ってよかったー!時間かかったー!でもよかったー!
    ありがとう~~~~!!!

    ( 15:08 )

  3. ふぶき | -

    ふーむ、勉強になりましたー。
    そんなに症状似てたら、知らないと判別出来ないですね。
    しかも3種ワクチンには入ってないなんて。
    でも分かってみんな良くなって良かった!(^∇^)

    ( 00:16 )

  4. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    よく知り合いの餌やりさんの保護猫が、猫風邪うつって次から次へ、って話を聞きましたが、それも今思えばクラミジアだったかもしれません。
    使う薬も全然違うわけですから、
    私も勉強になりました。ハッチーさんはすごいです、自分で見つけたんですから(*_*)

    ( 10:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事