2009年7月

リリコはいつまでたってもうちの子達になじめず、ご飯もみんなと一緒に食べない。
リリコ専用に別の場所でご飯をあげていた。
私に対してもおどおどとして、いつも天井近くの棚に登っては、定位置にしていた。
それでも段々と私へ懐き、ベッドに横たわるようになってきた。


リリコがか細い声で「にぃ」と鳴くと、かわいくいとおしかった。
臆病で猫嫌い、多分外にいる時もすみっこで小さくなって生きていたに違いない。
私はリリコに、こんな小さな身体で避妊手術をさせてしまったことを詫びた。

「手術してリリースするしかないでしょう」と、私が猫おばさんにすすめたのだった。

この子にだって里親さんが見つかるかもしれない、
もう子猫ではないのだから、里親探しも焦らずにやろう。
いつかきっと、おとなしくて穏やかなリリコにぴったりの里親さんが見つかる。
そう信じて待とう。




リリコのしっぽは半分くらいの折れしっぽで、
いつも団扇のようにそよそよと揺らせていた。


◇◇◇


ある時のこと、リリコがうちのオスのオージと本気の追いかけごっこをしていた。

「おーちゃん!リリちゃんをいじめないの!!!」

オージはリリコの何が気に入らないのだろう、リリコはオージにちょっかいを出すような子じゃないのに。


それからしょっちゅう、リリコとオージは追いかけっこをするようになった。
最後はリリコが定位置にしている棚の上へ逃げて追いかけっこは終わりになる。
しかしそんなある日、いつものように棚にいるリリコがなかなか降りてこないので、棚から下ろそうとすると・・・

なんとその棚の上でリリコがウンチとおしっこをしてしまっていたのだ!!!

オージが恐くて降りてこられなかったのか・・・・



わが家は小さい家なので、猫同士の仲が悪いからといって、部屋を別々にすることはできない。
なぜなら2部屋しかないからで・・・




でもこのままでは、リリコがかわいそうだ。
普段は私も仕事に出かけていて、家の中でどんなバトルが行われているかわからない、
リリコのストレスも相当なものだろう、、、
ゆっくり里親さんを探そうなどと言っているヒマはなくなった。
あ、あ、あ、、、困ったぁ、、、、、、


当時ほんとーーーーーーーーーーに困って、
ためしにカスミ荘のママに相談してみた。すると、

「それはかわいそうね~じゃあ家に連れてらっしゃい。いいわよ、私が預かるから」とアッサリ言ってくれたのだ。


あああ~~~~神さまママ様ほとけ様~~~~~~~

そうして何とかこの緊急事態を切り抜けたのだった。


◇◇◇


そのリリコちゃんが、今ママのうちから家出中です。


私がママの家に行っても、抱っこされて連れてこられようが私を見ると逃げる。
( ̄▼ ̄|||) ガーーーン
相変わらずの猫嫌いで、保護猫ちゃんなどが仲間に入ると、猫パンチをお見舞いしてるらしい・・・
ママ宅ではすっかり我が物顔だったリリコ。
それなのに、、、いったい誰の世話になったと思ってるんだ?

玄関の掃除をしている時にうっかり出てしまったようで。
毎日ご飯を食べに来るし、遠くから様子も伺っているけど、家の中に入って来ないらしい。
捕獲器を使うも、臆病なので踏み板をはずしフードだけ上手に食べるのだとか・・・

ママは「寒くなれば帰って来るでしょ」と。
開き直るしかないようで。。。




バカリリコ。
早く帰って来い。




2010/9/16

スポンサーサイト


コメント

  1. かむ | d.un2E/M

    no subject

    ありゃ、りりこちゃん。。

    わたしも素直になろう。。かな
    と自信なく思いましたトホホ

    わたしは猫型bに違いない;;

    りりこちゃん
    いい子でね;;

    ( 20:37 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: かむさん

    何かあったんですかい?
    トホホなこと?
    何かしらんけど、素直がいちばんです。うん、間違いない。

    かむさんは猫型か~私は・・・何型だろう(^m^ )


    ( 23:02 )

  3. ばぁば | -

    眠れない~!!

    2時頃から時々、近くの公園から仔猫の鳴き声がしているのぉ!
    絶対捨てられた子に間違いありません。
    真夜中の公園、しかも奥行きのある植え込みの中…
    近くまで行くと警戒してパタッと鳴かなくなり姿すら確認できません。
    公園に住んでいるニャンコも少し離れたところで様子を伺っていました。
    レンくんのように縁があれば保護して里親さんを探すこともできるのに。
    捨てる人に対して腹が立つより仔猫が心配…
    明るくなったらまた探しに行ってみます。

    ( 03:49 )

  4. ばぁば | -

    やっぱダメでした…

    全然声もしない…
    どこかへ行っちゃった?
    早朝に散歩する優しい人に保護されていればいいな。
    中には石を投げる無慈悲な人もいるのです。

    うちでは飼ってあげられないけど、なんとか保護できれば娘の友人(猫好きが多い)に声をかけてみて、それでも飼い主が見つからなければ地域のボランティア団体に相談してみようかと思っていたの。
    今までも公園に捨てられた仔猫は何匹もいたけど、なかなか縁を結ぶことはできません。
    寝不足で頭ボ~~~ッの祝日です。(ため息)

    ( 11:22 )

  5. けむ | xzfXrOoo

    >ばぁば~

    ばぁば、子猫どこかへ行っちゃったんだね。
    私もそんなことあります。おびき寄せるご飯を支度している間に逃げられちゃったとか。
    せめてご飯を食べさせてあげたかった。
    一般の人は捕獲器もないから、よほど弱った子とか、動けないでいる子しか捕まえられないと思うよ。
    誰かに親切な人に拾われていますように・・・そう祈るしかないんだよね。確立低いけど・汗。
    あ~せつないね。誰が捨てるんだよー(怒)

    ( 20:47 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事