去年保護したT町の子猫、りゅうのすけ改めルークくんの里親様は、
たびたびその後の様子などをメールでお知らせしてくれた。
ご家族様に慣れてからのやんちゃっぷりには笑わせてもらったし、
去勢手術に行った時のルークくんの慌てようなどは、まるで私もその場に居合わせたかのように目に浮かんで面白かった。


マメなご連絡はしんのすけの里親様も同じで、
子猫の時に長毛だったそっくりの兄弟は、同じ時期に同じように毛が短くなっていて、
これまた「そっくり~」と叫んでいた。



海狸くん(しんのすけ)



ルークくん(りゅうのすけ)



今思っても去年一年でいちばん印象に残った兄弟だった。
どうなるかわからないまま「なにがなんでも保護しよう」と決めたことも、
人慣れさせるにも苦労したことも・・・。






ある時、そのルークくんの里親のMさんからこんな告白をされた。


Mさんはルークくんの前にも猫を飼っていたが、その子は身体が弱くて早くに亡くしてしまったと聞いていた。
なんと以前飼っていたその猫と言うのが、私達の譲渡会でもらった猫だったことに、あとから気がついたと。

私達は年に1~2度、動物愛護館で譲渡会をやらせてもらう機会がある。
以前飼った猫はちょうどその愛護館にMさんが行った時に見つけた猫さんだったため、同じボランティアグループと気がつかなかったようだ。
Mさんは私の過去のブログの中に自分が飼っていた猫を見つけて、驚き慌てて連絡をくれたのだった。


その時の記事がコチラ。

愛護館で譲渡会



この中に出ている「こまめちゃん」というのがMさんの猫で、
その後「てまりちゃん」という名前になった。


120521 016
譲渡会でのこまめちゃん




てまりちゃんは浜松のアニマルフォスターペアレンツさんから参加した猫さん。
たいそう人懐こい子だったが、行政に持ち込まれた猫だった。


Mさんも、「本当に人懐こい性格で、特に私に慣れていて、とてもかわいい子でした」と。

そのてまりちゃんはMさんの家に来て2年余り、わずか3歳で腎不全で亡くなってしまったという。


「悲しくて悲しくて、てまりが駆け上がって穴を開けてしまったレースのカーテンも、てまりの思い出が詰まったものなので新しいものに替えることができずにいました」



Mさんは悲しみの余りもう2度と猫は飼わないと思ったそうなのだが、
妹さんの紹介でたまたまりゅうのすけを見つけて一目惚れをし、今に至っているという。



そのメールに添付してもらったてまりちゃんの写真は、過去記事に出ている「こまめちゃん」とはまるで違って見えた。








愛情を受けて「飼い猫」になった猫の顔だ。


安心に包まれた穏やかでやさしい至福の顔。







てまりちゃんが(たとえ2年余りでも)Mさんのおうちで、どんなに穏やかで幸せな時間を過ごしたかがわかる。



私はあのシャーシャーだったりゅうのすけ・・・いやルークちゃんが、ある日突然Mさん家族に懐き始めたのは、もしやてまりちゃんが力を貸してくれたからじゃないかな、とさえ思った。



そう言うとMさんも
「いつまでもてまりのことを忘れられなくてメソメソしている私を、てまりがルークを育てることで立ち直らせるように導いてくれたのかもしれません」と。


Mさんがりゅうのすけのような子を手懐けてくれたことを、私は今でも本当にありがたく思っている。
Mさんがかたくなに「もう2度と猫は飼わない」と思っていたら、このご縁も繋がらなかった。

Mさんが言うように、
きっとてまりちゃんが導いてくれたんだね。






PS.てまりが穴を開けたカーテンは、ルークが駆け上がってボロボロにしました
  そろそろ新しいものに掛け変えようと思います。









猫を失った寂しさは、猫でしか埋められないと聞いたことがある。

もう一度猫を飼ってくれてありがとう。






ルークくん、ずっーと元気で大きくなるんだよ。






スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    猫の道

    一度猫に心を開くとまた猫が来る道が出来るに違いないです。
    てまりちゃんはティナちゃんに似た感じがしますね。
    ホントに幸せなお顔の写真でした。
    何で読んだか忘れましたが、虹の橋を渡った犬から飼い主へのメッセージで、
    「私の大好きな膝を次の犬にゆずります」
    みたいなのがありました。もう犬を飼わないなんて言わないで、と。
    動物は飼い主の笑顔が好きだと言います。悲しい顔をしてるのは、自分たちも悲しいって。
    てまりちゃんもそうなのかも。
    人が怖いルークくんに、おかーさんは怖くないよ、このお家は大丈夫よ、て言ってくれたのかな。
    ルークくんのおかげでみんなが笑って、笑顔でてまりちゃんの話をしてくれるのが嬉しいんじゃないかな、と思いました。
    不思議な猫の世界ですもの。あると思います!(笑)

    ( 22:33 )

  2. けむ | -

    Re: 猫の道

    ふぶきさん!そうですそうです!
    私もてまりちゃんがティナちゃんに似てると思いました!
    ティナちゃんは生まれ変わりの猫さんでしたから、それで余計てまりちゃんからのメッセージがあるような気がしたんです。

    一度猫に心を開くとまた猫が来る道が出来る・・・それを「猫の道」というのですね、
    いい言葉ですね、猫の道・・・
    ありがとうございます!。・°°・(>_<)・°°・。

    ( 10:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事