ヴィノスやまざき「蔵の祭典」


http://www.v-yamazaki.co.jp/kuranosaiten/





れーこちゃん(去年の暮に一緒に箱根に行ったモモと花とさくらちゃんの里親であり後輩)から、

「よかったら↑↑↑に一緒に行きませんか?」と誘われて、
「行く行く~♪」とふたつ返事で答えたところ、
れーこちゃんの情報がまるで違ってて、

会場はセンチュリーホテル → ホントはグランディエールブケトーカイ
会費は6,000円       → ホントは8,800円(会員価格)   エエエッ!

しかもヴィノスやまざきもメールで「ディノスやまざき」になってたし・・・・



やべっ!会費高っ!って思ったけど、まぁいいや、行こうよ、ってことになって行ってきた。









なんか会場めっちゃ広いんですけど。
それに皆さんお洒落な井出達で、
あら~私たち普段着でどうしましょ~~~まいっか、って感じで。

で入り口でシャンパン渡されちゃって、
ビュッフェって聞いていたけど「着席ビュッフェ」で、
なんかテンション上がってきたぞ~!!!







各テーブルにはすでにカンパーニュとチーズとオリーブオイルが置いてある



MENU




俄然楽しくなってきたぞ~~~~~~~~~ピューピュー


「蔵の祭典」とはつまり世界中のワインの生産者が一同に会して、自分の蔵の自慢のワインをお披露目、参加者は好きな国の好きな銘柄のワインを好きなだけ飲める、というもの。


ワイン以外にも私の大好きな日本酒のブースもあり、

でも今日は日本酒なんて飲んでいるヒマはないですから、
日本酒はスッパリあきらめてワイン飲みまくるぞ~~~~~
(ウコンの力飲んだし)






かんぱ~~~~~い!!!



世界中から集まったワインの生産者様達はもちろんガイジンさ~~ん。
だから英語でないと通じないので、各国のブースに行ってひたすら、


ウィッチドゥーユーリコメンド?
(合ってるかしら?)


と聞いて、出してもらったやつをいただきました。


それでもすべてのワインを飲みきれない。
止むを得ずそれぞれのブースでオススメだけ一通り飲んで、気に入ったワインはなみなみもらってテーブルに帰ってお料理を食べる。


お料理の数々




















飲みながら食べるというペースは完全に崩れてしまうが、出たお料理も全部食べれたし、ワインはいくらでも飲めるし(テーブルにもワインが置いてある)、雰囲気は楽しいし、これで8800円は高くないかも!


しかも帰りにワイン1本お土産ついてましたのよ~



嬉しい~~~
また来年も来たい~!いえ、来ます!


2時間があっという間だった。
欲を言えばもう少し長く飲ませてくれ。




フィナーレ




ちなみに私がいちばん美味しいと思ったワインは南アフリカブースのコレ。





たまたま最初に飲んだワインだったっちゅーこともあるのですけどね、

それだけが理由かしら?・・・・・








2016/3/4

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事