ぶーちゃんの里親さんが決まった。

その里親さんは、なんとレイラちゃんを保護してくれたおばあさんから紹介してもらった。

実はレイらちゃんの里親探しをしている時に、おばあさんが声をかけてあった先だったのだが、レイラちゃんが(自分の娘の家に)決まってしまったため、「ぶーちゃんを紹介させてくれないか」と私が持ちかけたのだった。


その人はおばあさんのお孫さんが行っている絵画教室の先生(Nさん)で、
絵の先生だけあって見た目は普通な感じではないのだが、(髪が金髪なんです

「とてもいい人なのよ~~~~」

とおばあさんが言うだけあって、本当にサバサバした正直であたたかい感じの人だった。
先住ちゃんがいたため少々お試しに時間がかかったが、もうすっかりそこのお宅のアイドルになっているらしく、家の人はもちろん、お客様にもにかわいがられているらしい。

DSCF2681.jpg


つまり結果的に、私はおばあさんのところの猫にひとりも里親さんを探しておらず、
逆におばあさんからうちの猫の里親さんをすべて紹介してもらったことになる。


カブちゃんもみじちゃんも結局はレイラちゃんの「里親募集」の新聞掲載で電話があった人だったわけなのだから。


◇◇◇


若い頃雑誌の占いで、
「あなたの人生は『情けは人のためならず』の人生です」
と書いてあったことを鮮明に覚えている。
なぜなら私は『情けは人のためならず』の意味を間違えて把握していたので、その意味が理解できずにいたからだった。

間違えていた意味↓

「人に情けをかけてもその人のためにならない」

え?そーゆーこと?
占いでそんな導き方をするものだろうか?
たいそう不思議に思ったので忘れられなかった。


それが何年かしてやっと疑問が解決した。

本当の意味は、
「人に情けをかけるとやがてそれは自分へと返ってくる。つまり人に情けをかけることは人のためでなく自分のためになることだ」という意味だった。 どひゃあー

今回のことは、私が近所のおばあさんから相談されたことにおせっかいにも首をつっこんだことで、すべて自分のプラスになることに返ってきた、、、
まさに「情けは人のためならず」を象徴する事例だったわけで・・・私はその占いの言葉を思い出していた。。。

DSCF2682.jpg
Nさんの旦那様がぶーちゃん用に吊るしたおもちゃ


◇◇◇

今日ぶーちゃんの様子を見に行ってきた。
ぶーちゃんにとって、私がもうどこかのおばさんになってしまっても、
ぶーちゃんはゴロゴロと喉を鳴らし、私に寄り添ってきた。

里親のNさんは、「あらやっぱり覚えているのかしら?」と言って笑っていたけれど、
ぶーちゃんはきっと誰に対してもこうなのだ。
そしてぶーちゃんがここのお家でストレスなくのびのびと暮らしていることがよくわかった。


ぶーちゃんは「シャーくん」になった。
シャム猫の「シャー」、そしてガンダムに出てくる「シャー」(?)
相変わらずぶーちゃんは「にぃ~~~~」と猫らしくない特徴のある甘ったれた声を出す。
私はその鳴き声がたまらなく好きだった。

DSCF2589.jpg


2010/9/20
スポンサーサイト


コメント

  1. カツオ | -

    シャー君 ^^? ぶーちゃんでしょ?笑

    よかったね^^
    ぶーちゃんもテンちゃんも新しいお家が見つかって♬

    おいらも昔、間違えて覚えていたよ   笑
    情けは人のためならず。。。  ^^;
    紛らわしい言い方するな!ってーーーの(--lll

    どの猫にもケムさんに関わった全ての猫が幸せになって欲しいね^^
    そして願わくば・・・腹を減らして人間を警戒して暮らしている全ての野良猫たちにも・・・
    のんびり暮らせる世の中って・・・理想だよな^^

    ( 08:12 )

  2. けむ | xzfXrOoo

    Re:そうなんだよ!

    コックさん、私も「シャーくん」は言いにくくて・・・^^;
    やっぱりぶーちゃんなんだよな。
    ぶーちゃんって声もブーブークッションの鳴る音みたいな声してるんだよ(笑)
    それがかわいくてねぇ。
    「情けは人のためならず」・・・紛らわしい!っつーか言葉が切れてるってことじゃんかって思ったよ。汗
    いつもありがと♪

    ( 10:48 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事