猫ブームの昨今、譲渡会に来る人も「猫を飼うのは初めて」な人が多くなってきた。


ミリヤのトライアルが決まったおうちもそう。




私はいつも猫初めてのお宅にこんなアドバイスをしている。


猫を飼うにあたって用意するもの 

①猫トイレ(大人用) 
トイレはさまざまな形状のものがあって砂も色々あります。
トイレを置く場所によって、また飼い主さんの好みによって、トイレと砂を選んでください。
子猫用やケージ用の小さいトイレは買わないように。


②キャットフード
基本ドライフード(総合栄養食と書いてあるもの)でなんでもいいです、が、
キャットフードは値段相応です。
安かろう悪かろうなので、あまり安いものはのちのち病気の原因になったりもします。


③爪とぎ
爪とぎがないと絶対壁や柱で爪をとぎます。
家を傷つけないためにも爪とぎは必要。爪とぎコーナーを手作りしてあげてもいいです。
そして爪が伸びたら切ってあげる、時々爪切りして癖をつけるようにしましょう。


※ケージは必要ない。(必要な場合のお話はします)

※キャリーバッグは病院に行く時のためにのちのち用意するように。

※猫ベッドはなくてもいい。

※キャットタワーはなくていい。(私はおすすめしていない)
なぜかというとキャットタワーってたいがい布張りで、絶対猫毛がついてお掃除が大変だし、もしくはボロボロになって哀れな状態になること間違いなし。(お手入れできるならいいと思う)
木製のキャットタワーなどは理想的。
でもキャットタワーというのは猫が上下運動するためのものなので、家の中の家具の配置を工夫して猫がタンスの上などに上れるようにしてあげればいいことなので、
敢えて買う必要はない。(あくまでも私の持論です)




気を付けて欲しいこと

①脱走
とにかく絶対外に出ないように、出てしまう可能性はなくしておく。


②猫は犬と違います
・散歩はさせない
・呼んでもこない(だから外に出たら捕まらない)
・お風呂に入れなくていい(入れたい場合は年に一度夏場に洗う)
・基本躾はできないのでやられて困ることは人間が先に防御策を講じておくこと。


③お留守番は家でさせる
旅行で家を空けることがある時はペットホテルなどに預けないで家でお留守番させる。
その方が猫のためです。






    




新しい保護猫の「ちくわくん」





名前は譲渡会で皆で考えて付けた。
「シロ茶ちゃん」と色で呼ばれていたので、ちゃんとした名前があった方がいいと思って。


色がちくわっぽい(笑)


そのちくわくんも譲渡会でトライアルが決まった。
決まらなかったら私が預かることになっていたので、今回はお届けまでの一時預かりだけだけどね。


そのちくわくんが行くおうちも、猫初めてのおうち。
大丈夫かな・・・・・





なぜってミリヤはビクビクしているのは最初だけだからいいけど、ちくわくんはまだ人慣れの途中のようだ。

近づくと逃げる。

保護主さんは「ケージで飼わないと無理」だと言っていた。


ええええええええええ



わが家で少し人慣れさせてから出してあげないと。
ちくわくんはおとなしい子で攻撃的なところは一切ない。
猫初めてのおうちに行くんだ、様子を見てお届けを延期してもいい。

ちくわくん、おばちゃんちでもう少しいい子になってね。









2016/4/20
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事