ゴールデンウィークの間にはミリヤとちくわくんの正式譲渡のお返事ももらえた。


ツンデレのちくわくんは、奥さんがずっと家にいる環境のおかげか急に甘えることが多くなり、
猫初めてのAさんのご家族全員、ちくわくんがかわいくて仕方ないといった感じで、
問題なく正式譲渡。





そしてミリヤも2週間のトライアルを待たずに、
「ミリヤはわが家族にとってかけがえのない存在になりつつあります」とまで言ってもらえた。


ミリヤをトライアルしてくれていたOさんの奥さんは、
笑顔が優しく、人あたりよく、ちょっとトボけた感じで(失礼)ミリヤが少しくらい悪戯をしても神経質に怒ったりすることなど絶対にない雰囲気の人だった。

更に旦那様も感じよく、3人の子供たちも素直でとてもいい子だったので、
私は無条件にこのご家族様にミリヤをお任せしようと思った。


前のお宅ではあんなに心配したのにね







でもミリヤはどう思っているだろう。







そう、、
結局は猫の気持ちはわからない。




前のおうちのトライアルの時は(絶対なにかが違う)と思って、
無理を言って返してもらうことまでしたのに。
(実を言うとアニマルコミュニケーションでミリヤの気持ちを聞くこともしていた)

今回は私の主観のみで決めてしまったけど、
ミリヤが本当に満足しているかどうかはわからない。
(その場でわかる場合もあるけど)

ミリヤ自身は本当のところどう思っているんだろう。






かわいいミリヤ。







どんなにかわいい子でも、
うちにいるより絶対他所に出した方が幸せだって、
私は思っている。




ミリヤはOさんのおうちにいる方が幸せに決まってる。




忘れもしない、、
去年の8月1日が舞台本番、その前日にミリヤが捕獲できて病院に連れていき、その足でリハーサルに向かった。
あの時3ヶ月齢くらいだったから、ミリヤはちょうど今満1歳になるのだろう。
私は預かり猫をたくさん里子に出しているけど、ミリヤとマシャは私が保護した私の保護猫だった。






正式譲渡を決めてもらった日、
ミリヤを保護した日から今日までの写真をOさんに送った。
昔はこんなに小さかったのだと見てもらいたくて。
可愛いらしく撮れているのを抜粋して送ったけれど、ミリヤの写真はどれも可愛いくて大量になってしまった。












普段は正式譲渡が決まるとホッとしていたのに、
写真を見返しているうち、なんだか感傷的な気持ちになっていた。


ミリヤは見た目が美しいだけでなく、性格も本当に可愛い猫だったから。






でもうちにいるよりも、絶対今の方が幸せに決まっているんだから。




里親さん宅のミリヤ





2016/5/7 ミリヤとちくわくん 正式譲渡
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    おめでとうだけど

    なんだろう、ミリヤの事は心に残りますね。
    ずっとブログを拝見してたけど、けむさんがそんな物言いをするのは珍しいような。
    かわいいし若いし、すんなり決まるとばかり思っていたミリヤさん。
    でも本人には深い思いもあるのだろうし。神々しいほど綺麗なミリヤだもの。神秘的な何かがあるのかな。
    みんなまあるく収まるところに収まるといいですね。

    ( 23:25 )

  2. けむ | -

    Re: おめでとうだけど

    そうなんです、ふぶきさんの言うことがすべて当てはまります、

    綺麗で可愛くて神々しくて、この子は神のお使いかと思ったほど(違うけど)、だからどんなおうちにだって自信を持って勧められる、けれどこんなに色々あると思わなくて、
    だからこれが正解かどうか自信はないです。
    そうですね、私らしくない(笑)

    だからこれがいいんだと、これがいちばん良かったと、ミリヤから聞きたいなぁ。

    ( 00:10 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事