野良猫は自由で気ままで幸せそうだ、という人がたまにいる。
いや結構いるのかな。

うちの「人と猫の会」の会長(男性)でさえ外を歩く野良猫の存在は「癒し」だと言う。
鳥や蝶々と同じで、野良猫がまったくいない社会は殺伐としている、公園で猫が優雅にねそべっていられる穏やかな社会が望ましい、と。

それに対して私はいつも反論する。
「外を歩く猫は不妊手術した飼い猫だけで充分、野良猫なんていなくていい、野良猫はゼロにすべき」と。


TNRして管理された猫達が食べることに困らず外で暮らしているのはいい、
でも現実の野良猫はそんなんじゃない、
毎日飢えと戦い、毎日食べることをひたすら求め必死になって生きている。
優雅でも幸せでもない。
TNRされた猫は一代限りの命を見守ればいずれいなくなる、
だから最終形は野良猫はゼロになるはずなのだ。


だいたい猫は野生動物なんかじゃない。







先日ある人にこんなことを言われた。


野良猫を避妊するのはいいけれど猫にとって手術は命を脅かされる原因になる、
絶食もさせず麻酔をかけて、手術が終われば野放しにする、
せっかく平和にひっそり暮らしている猫達が人の都合で殺されるのだ、



と。

(私達がしているTNRは「猫を殺している」も同様だということだ)

私は餌やりは一切していない。
確かにTNR後の猫の状態は現場に任せきりで追跡調査もしていなかった。
だからそんなふうに詰め寄られると何も言い返せなくなる。



何代にも渡り空地の古い下水道で暮らし、セミや芋虫を食べて雨水を飲んでお腹を満たし、気持ちの良いところで昼寝し、蝶を追いかけて遊ぶ猫は、野生動物だと言えるのではないでしょうか!


と。






呆れたのと、悲しかったのと、
何が何だか言葉が出てこなかった。


人の都合で殺されるだと?
避妊手術されるのが人の都合と言う前に、野良にされたことが人間の都合じゃないか。


野良猫は幸せなんかじゃない、野良猫はかわいそうなだけだ。

私はかわいそうな野良猫を無くしたい、それだけなんだ。






5月15日にタカラさんが保護した子猫達、
目がくしゃくしゃだった。





先日29日に再撮影

右側の黒キジ


左側のキジ白の子




里親さんも決まった。


この子達を野良にさせずにすんだ。




どこか知らないところで生まれ汚れて飢えて死んでいくかもしれない命。


一匹だって余分に、そんなかわいそうな命を作りたくない。


そんなかわいそうな野良猫達を見るに耐えなくて心優しい人が毎日餌を運んでいる。


私は餌やりさんがいつか餌を運ばなくてもいいようにしたいんだ、
外にいるかわいそうな猫に心を痛めなくてもいい、それが穏やかな世の中ってもんだ。



かわいそうなのは今野良暮らししている猫達で充分だ。

いつか野良猫はゼロになる、
それが理想なんだ。






野良猫が生息する広場ではビオトープが成り立っているんです!



だと。





なにがビオトープだ。






2016/5/24
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | P2/XTZxw

    ビオトープ

    はじめまして!いつも楽しみに見ています。仕事中の癒しになっています!
    うちの近所では本当に野良猫が多く谷中は猫の街などと言われていますが谷中の少なくとも20倍はいます(笑)
    私は猫を見るだけでにやける猫党ですがやはり人におびえながらゴミをあさっている野良ちゃんを見ると胸が痛みます。
    数年前に駐車場に親子で捨てられた3匹の猫がいて、すぐに母猫がいなくなり鳴いて母猫を探していた2匹の子猫の内、1匹がその内車にひかれて亡くなり残された1匹にいたたまれなくなってご飯をあげてしまったことがあります。
    毎日ご飯を持って行きご飯をあげたからには避妊させなきゃと思っていたらある日突然いなくなってしまいました。
    誰かに拾われたのかもしれないですが抱っこ出来なかったし駐車場なので事故の可能性は高く、早く何とかしなかった自分が悪かったんだと悔やみきれません。
    人の勝手で捨てられ鳴き声やゴミをあさるからと煙たがられ車でひいても野良猫だからとそのままにする人もいる、野良で暮らす猫が幸せなわけがないです。
    ケムさんのような人がいなければそういう猫はもっと増える、並大抵の根性では出来ないことをしているんです、ただただ猫の為に...。
    平和にひっそり暮らす野良猫などいません。
    ビオトープなどと言っている人は本当に野良猫をちゃんと見ているんでしょうか?

    長くなってしまいましたがいつも本当にご苦労様です!
    いつまでも応援しています!


    ( 10:36 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re:しろちゃんさん

    コメントありがとうございます。
    餌やりさんはいつももっとひどいこと言われたり脅かされたりしているのだろうと想像します、私だってこの程度どうってことないですが、この話には色々絡みがあって、もうホント心折れました。
    しろちゃんさん、励ましありがとうございます!
    可愛がっていた猫さんが突然いなくなってしまう・・・切ないですね、悲しいです。
    だから何かせずにいられないですよね。

    ( 19:28 )

  3. しろの母ちゃんす | zjTFYasE

    はじめまして

    はじめまして、しろの母ちゃんと申します。
    一昨年の春、家の裏の駐車場に、小さな白い仔猫がいるのに気づき、様子を見てました。
    ご近所のOLさんや小学生が餌やりなどをしていました。
    私自身は、生命に責任を持てないのであれば、餌やりなど中途半端な手は出すべきではないという考えでしたが、その子が私の脚にすり寄った際に女の子だとわかり、いてもたってもいられず、夫を説得し、お舅さんに土下座し、許可を得て保護しました。
    このままじゃいずれ、この子からまた可哀想な猫が産まれるからです。
    動物病院に持ち込み、避妊手術や駆虫をしてもらいました。
    獣医師から、この先どうするのかと尋ねられた時…悩みました。
    生涯、何があっても家族として責任もって暮らせるのか?
    結果、しろは、そのまま家族になりました。
    だから、しろちゃんさん、その子は私みたいな人間の家族になってる可能性も無くは無いと思います。
    すべての生命を救う事は出来ないです…出来る事を出来るだけしていけば、いいのではないかと思ってます。後悔は尽きないかもしれませんが…。

    ( 22:05 [Edit] )

  4. ねこまもり | dOIq7x0s

    おつかれさまです。

    猫が好き、というのと責任をもって飼育するのは比例すると思っています。木々で爪とぎをして走り抜ける姿は猫らしいですが、朝会うと傷だらけとかなんです、縄張り争いだったり、盛りのついた♂に狙われたり・・・。
    写真で見るようなだらんとする姿を外の子は見せません。いつもどこか緊張しています。
    寒い日、雨の日、お外の子がいつも心配です。野良猫のいない成熟した社会を望みますが、高齢者が増えていく未来では難しいです。
    高齢者の遺棄や保健所送致が多いのが現状ですから・・。

    ( 10:29 [Edit] )

  5. けむ | -

    Re: しろの母ちゃんすさん

    たった1匹の命を救うためだけでも、相当な覚悟とご苦労があることを充分理解しています。
    すべての命を救うことはできないから出来ることを出来るだけ・・・それでいいんですよね。
    しろちゃんさんのいなくなった猫さんも、そんな人に救ってもらえたと信じたいです。
    しろちゃんさん、読んでくれたかなぁ・・・

    ( 14:27 )

  6. けむ | -

    Re: ねこまもりさん

    神様は私たちを試すために猫を外に放り出しているのか?と時々思うことがあります。
    猫に対する感情は人それぞれで、それがねじ曲がる場合があります。ビオトープと言った人も猫への愛情はあって、避妊手術のやり方について言及してきた果ての議論でした。

    ねこまもりさんの言うように、野良猫のいない成熟した社会にするには誰もが成熟した考え方を持った結果に繋がるのでしょうね。時間かかりそうですが、いつかはそんな社会になると私は信じています。

    ( 14:37 )

  7. しろちゃん | CfpSSrsQ

    しろです

    ケム様、しろの母ちゃんす様、ありがとうございます!
    ケム様を励まそうとしてこちらが励まされ何だか申し訳ないです。
    ここ数年、子猫を見ると思い出して苦しかったんですが駐車場の子猫ももしかしたらしろの母ちゃんす様のような人におうちの子にしてもらえたかもしれないですね?
    しかも名前がなんと「しろの母ちゃん」!(笑)
    私もケム様やしろの母ちゃんす様を見習いたいと思いました。
    もちろん簡単なことではないですが..。

    いつか世界中で猫を取り合うほど野良猫がいない世界が来ることを願っています。

    ( 16:19 [Edit] )

  8. けむ | -

    Re: しろちゃん

    そうです、そうです!
    きっとその子猫ちゃんには優しい母ちゃんができたのだと思います!

    しろちゃんさん、励ましありがとうございます!
    嬉しいです!そしてしろちゃんさんの言うように、いつか必ず野良猫のいない世の中が来ることを私も祈ってます。いやきっと来ます!

    ( 12:00 )

  9. ふぶき | -

    私はエサやりをしています。
    けむさんの意見には全面的に賛同します。
    捕獲や手術に対する抵抗も分かります。私は志しもなく門前の小僧のように捕獲の手伝いを始めてしまったので、最初は騙すみたいでかわいそうだな、と思いました。
    でも、TNRした猫にエサやりを続けていくと、猫も地域も段々に落ち着いて行きます。これはTNR後も見続けた私の実感です。
    5年のうちにエサやりをしてる猫の半分は旅立ちました。
    やっとご飯に困らず、寒い時には寝床を作って貰えるようになっても、外の子の命は短いです。
    繁殖すれば更に苦労します。親も子供も。苦労する子はいない方がいいのです。
    外で見るのは寝床があって、困ってない猫だけ。それが理想です。
    猫は野生動物じゃない。私も常にそう言ってます。
    いろいろ考えてるうちに、たくさんコメントが書き込まれて皆さんの優しさに感動してました。
    ビオトープの人に言ってあげたい。猫は手術を望まないかもしれない。手術は可愛そうかもしれない。
    でもその後の暮らしは安穏になります。猫の目線で見てくださいと。

    ( 23:20 )

  10. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    TNR現場の生の声をありがとうございます!
    TNRをしていけば確実に猫が減っていきますよね!
    野良猫を減らすには不妊手術するしかない、そして手術したら猫はもう害獣ではなくなる、そしたらこそこそせずに堂々と餌をあげて欲しい、
    私が餌をやってないのは物理的に餌やりを生活に組み込めないだけで、そこまでのお膳立てにはいくらでも協力したいです。

    ( 12:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事