今日もまた捕獲待機。


先週からある子猫を捕獲したくて土日になると捕獲待機(捕獲器をかけてかかるのを待つ)しているのだがうまくいかない。


多肉の植替え

納戸の模様替え

拭き掃除


時間がある時にやろうと思っていることが全然出来ない。




それというのも、
その子猫は例の「ビオトープ」の人の家の外にいる子で、ビオトープが捕獲器を置かせてくれなくてはかどらないのだ。

正確に言うと、

◯捕獲器を置きっぱなしにするな
◯成猫は捕まえるな
◯捕獲器を置いてるあいだ捕獲器から目を離すな


という条件をつけられている。



ビオトープのお宅の外には外猫さんが数匹いる。
ビオトープは猫が嫌いなわけじゃない、猫には愛情を持っていて、尚且つ野良猫の存在を良しとしている。
そして例え野良猫でも避妊手術をしたら野放しにせずきちんと術後管理しろ、というのが持論なのだ。
外猫のTNRはビオトープが信頼する別のボラグループさんが責任持ってやってくれることになっている(らしい)。

ただそちらのグループは子猫は保護しないで、子猫もしかるべき大きさになったらTNRするという方針なのだ・・・


ビオトープの外の子猫は2匹。
そのうち1匹をたまたま私が素手で捕まえた。





1ヶ月半くらいかな。


1日めはハンスト、2日目手からad缶を食べる。



小さいからレボリューション使えなくてノミ取りシャンプーをする



可愛い子の出来上がり~


この子を見ているともう1匹の兄弟をそのままにしておくのが忍びなく、どうしてもその子を捕まえたいと思い、それでビオトープの条件に則り子猫だけの捕獲に乗り出したのだった。



素手で捕まえるなんて奇跡的なことはもうできるはずない。
成猫を捕まえず子猫だけを捕獲するだと?・・・そこで捕獲器を改造してみた。



捕獲器の途中を仕切り、子猫程度の大きさしかくぐることの出来ない通路を作るという方法。



どう????!



いーんじゃない??!



あとはひたすらその捕獲器に子猫が入ってくれるのを待つのみ。


・・・なんだけど、


なかなか子猫があらわれなくて・・・


あらわれても餌に気がつかなくて・・・


おとり用の餌は成猫がよこどりしていくし・・・




素手で捕まえた子猫は貰われる先が決まっていた。

この子を見ていると残されたもう1匹を思い出して、、、
毎日辛いので里親さんにはすぐに迎えに来てもらった。


そのまま野良になんかしたくなかった。
里親さんはとても良いお宅だった、1匹だけでも家猫になって幸せになれたのだからそれでいいじゃないか、
そう諦める気持ちもあったけど、、、



だけど負けるもんか、
時間かかってももう1匹必ず捕まえてやる。





2016/5/28~29、 6/4~


スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    天才か!

    捕獲器を子猫のみ通れるようにするとか、けむさん天才ですか!
    余りに小さい子だと、踏み板にうまく乗らなくてもどかしい…けど、トンネル作成はいいですね。
    ビオトープがエサをやってると、捕獲難しいですよね…お腹すいてないと…
    素手で捕まえた子を見てたら、りゅうちゃんしんちゃんの兄弟を思い出しました。
    捕獲は大変だから、余りがんばれって言いたくないのですが、シマシマの兄弟入れ!念を送ります!

    ( 23:37 )

  2. けむ | -

    Re: 天才か!

    ふぶきさ〜ん!
    なんでシマシマの兄弟ってわかったの?T^T
    そんなこと書きましたっけ?
    そーです、兄弟もシマシマです、この子にハンストされた時、「なんでにーちゃんがいないんだ、なんでかーちゃんがいないんだ」と言われているような気がしました。/ _ ;
    だから必ず捕まえたいんです。

    ( 12:24 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事