以前近所のM公園で一晩中猫たちと遊ぶのが趣味の「のっぽさん(Fさん)」というおじさんの話しをしたと思う。

逃げたベレーを捕まえてくれたり、なおじろうを保護してくれたりした不思議なおじさん。



ベレーちゃんの脱走②


なおじろう





そののっぽさんが引っ越ししてしまった。
私はのっぽさんのような人がいてくれると公園の猫情報にも詳しくてありがたかったから、引っ越してしまったことがすごく残念だった。


そののっぽさんは今は隣の区に住んでるのだが、先日急にのっぽさんから電話が来た。
話の内容はやはり猫のこと・・・のっぽさんが今住んでいるところに野良猫がたくさんいる、という情報だった。



・・・いや~私はそんな住んでもない遠くの猫の面倒まで見切れないんですけど。




まぁとりあえず動物指導センターに「指導してください」くらいは言えるけど、
(現地の人はどんなとばっちりがくるかわからないので言いたがらないもの)
人慣れした子猫がたくさんいるという。


仕方がないのでのっぽさんに2匹ならという約束で保護することにした。



約束の子猫を連れに行くと、兄弟2匹いたがうっかり油断して1匹逃げられたと1匹だけを連れてきた。
(のっぽさんは外の猫を慣らして素手で捕まえて連れてくる)



それがミケオ。



ちょっと見三毛。

でも身体はキジの斑点のあるオス。


三毛のオスなんていないから名前を「ミケオ」にしてみた。




・・・・・・・・・




それが先日の譲渡会前だったから、我が家には彗ちゃん、マメちゃん、そしてテイちゃんもいた。
保護猫はこの子で4匹目。
幸い譲渡会でテイちゃんの里親さんが決まったが、プラスマイナスゼロ、
公演も間近に控えてて家にいる時間も少なく、2日続けて駆虫薬を飲ませるとすぐにケージから出してしまった。




シャンプーして


もう全く逃げなくなった彗ちゃんの鈴を、今度はミケオにかけることにして、









忙しいからほっとく。







2016/8/20 ミケオ保護
スポンサーサイト


コメント

  1. 豆の里 | -

    それはそれは…

    子猫3びき…
    賑やかな大運動会をしていそうですね😄

    テイちゃん、子猫苦手みたいでしたから、譲渡されなければ、…😾不機嫌になっていそうでしたね。

    ( 16:42 )

  2. けむ | -

    Re: 豆の里さん

    そうなんです、テイちゃんがいなくなったあとでよかった!(T▽T)
    そしてこの話にはまだ続きがぁぁぁっぁあぁぁぁぁぁっぁ~~~~

    ( 22:54 )

  3. 豆の里 | -

    え…

    続き…気になるウウウウウウー‼

    ( 07:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事