運送業を営んでいる「いよ」さんという方が、とある市内の野良猫が繁殖している場所に遭遇し、その場所のTNRと子猫の保護をしてくれることになった。

「してくれる」と言う意味は、なんとこのいよさんは伊豆の国市の方で、お仕事の都合でこちら方面に来ていてたまたまその現場に出くわしただけだった。


それというのも、いよさんが見た状況が衝撃的で、

運転中道路に猫の死体のようなものが見えたので、おそるおそる近づいてみたら、
それは猫の死体ではなく、子猫が5匹固まっていたというのだ。


Σ(゚д゚lll)



そんな場所になぜ子猫がいるのか?そんなところにいては轢かれてしまうじゃないか!
いよさんは慌てて子猫をかくまったのだが、そのことでそこの野良猫が繁殖している場所を知ってしまった。



だからと言って、遠方から仕事で通りかかった場所のTNRをやるだろうか?



いよさんは仕事柄、車に轢かれてもがいてる猫や捨て猫を見つけることが多く、今まで保護ばかりしてきたが、保護だけでは不幸な猫が減らないと思い、5年ほど前から個人でTNRをやるようになったという。
そこの現場も見てしまったからには放っておけなかったのだろう、、、その場所の猫たちはひどい状態だったらしい。






近所の人に話をするもTNRなどできるような住人はいない、それでいよさんが親猫を避妊、5匹の子猫は日を改めて保護したが、すでに3匹は亡くなって残りの2匹も病気とエイズで自分の手元に置くことになったという。



そして同じ親から新たに産まれていた3匹の子猫を保護・・・その子猫達を地元のボランティアさんに預けられないか、
と、


と、


とゆ~わけで私が預かることにした。(−_−#)






全員茶トラのオス3兄弟




8月から連絡取り合って、公演が終わったら連れてきてもらう約束になっていた。

がしかし、ここにきてのっぽさんの猫がミケオをはじめ7匹来ている。
この子達を入れると・・・

じゅっ・・・10匹い~~??!!



あーあ。
だってもう約束しちゃったもん、断れないもん、
あとは預かりさんを探すしかないさー



と、

前回ヒデくんと銀ちゃんを預かってくれたSさんに泣きついてこれまたなんとかなった。



ああああああ~

大丈夫か私。


10匹も子猫引き受けちゃって




ケムリちゃん・・・


お願いします、


なんとかなりますように。←ちよーアバウトなお願い・・・







あっ

しまったエリちゃんもいた・・・11匹だ・・・





2016/9/10 茶トラ兄弟預かる
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | -

    まさかの10匹!

    子猫祭りの続きは3匹も!

    このブロクのタイトル「ケムリにお願い」の意味をあらためて思い出しました。

    見てるだけなら子猫は本当に可愛いですけど保護活動をされている方は可愛いだけでは済まない、病院連れて行って綺麗にして人慣れさせて最後に里親を探して、あげく返される場合もあるし...。

    ケムリ様ー!
    私からもお願いいたしますー!
    「なんとかなりますように」笑!

    ( 14:16 )

  2. 豆の里 | -

    子猫祭が終わらない…

    譲渡会で、関係者の方々から、
    今年は変だ…という話を何度か聞きました。
    「なんとかしてー」っと言う、猫達に、囲まれているケムさんの姿をイメージしました。

    しかし、その運転手様…
    猫にとって、神様みたいな方ですね。
    忙しいお仕事中でも、保護活動されるなんて。
    運転中の保護活動は危険な事も多そうですから、

    無事に元気で活動される事を願います。

    ( 20:33 )

  3. けむ | -

    Re: しろちゃんさん

    そうなんです。
    困った時の神頼み、ケムリ頼み。
    猫のことは猫に頼んだ方がいいような気がして。
    それがブログのタイトルになりました。(笑)

    今までもなんとかなってきたから、またなんとかなると思う・・・いや、なんとかしないとね。(^^;;

    ( 14:43 )

  4. けむ | -

    Re: 豆の里さん

    ね〜〜ぇ〜〜
    終わらないですね〜〜〜〜〜
    保護してくれる人がいるのはありがたいことなんですが、その分里親探しの苦労がのしかかる・・・

    捕獲する人、保護する人、預かる人、育てる人、
    でも里親になってくれることもレスキューです。
    ありがとうございます。(o^^o)

    ( 14:53 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事