次にミケオ。


ミケオも降ってわいたように、昔譲渡会で猫をもらってくれたご家族(しかもメンバーの勤務先の会社の社長様のおうち)から子猫が欲しいということで、
猫カフェくるるんのスタッフだったミーゴくんと一緒に貰われることになった。


そちら~Hさんのおうち~にはマルちゃんという6歳のオス猫さんがいる。
とても穏やかな子だけれど一応マルちゃんとの相性を見るためのトライアルだった。




Hさんの先住猫マルちゃん




まずはケージに入れられるミーゴくん(左)とミケオ(右)





ミケオは鈴つけてほったらかしにしていた割にはものすごくなついてくれた。





ある日お風呂に入ろうとした私のあとをミケオがついてきて、それに気付かず風呂場のドアを閉めた私はミケオの脚を挟んでしまった。

ギャアと叫んで逃げたミケオを追いかけ必死で謝った。
怖い思いをした猫は怯えてしばらく近寄らなくなってしまう、、
でもミケオはすぐに私を許してくれた。
必死で謝る私にその場でゴロゴロと応えてくれたのだ。
ミケオも人を信じてくれる猫だった。



ミケオの後ろで寝ているのはマメ



ミケオは他の子に比べて体格が一回り小さかったから、他の子猫からいつもガブガブされる一方だった。


食も細くて、なかなか体重増えなくて、
更にワクチン打った時は全然食べなくなり点滴をしてもらいに行った・・・





注射器でかっ!



チビスケで弱っちかったミケオ




遊びたいけどいつも他の子に負けるミケオ
(手前は傍若無人のエリちゃん)




ミケオを保護することを、本当のこと言うと一瞬は躊躇した。
餌やりさんもいたし、オスだったし、保護しきれないほどたくさん猫がいる場所にいた1匹だったし、
オマケに連れてきたばかりの頃はトイレの失敗もあったし・・・




でもこうして里親さんが決まれば、ああ良かったと思うのだ。

拒否しようとした自分の、なんと心の狭いことよ、
いつまで経っても余裕がなくて情けなくなる。








ミケオゴメンね。


お母さんとお兄ちゃんと離れ離れにしてゴメンね。
元いた場所に返そうか、って思ってゴメンね。




ミーゴくんと仲良くね。
マルちゃんに気に入られるよう頑張ってね。






2016/9/15 ミケオお届け
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | 9RSb2ku6

    小さなミケオくん

    小さくてか弱そうだと人も猫もはかなげで何だか守ってあげたくなるものですね?
    注射器だけじゃなくエリちゃんもでかく感じます(笑)
    かよわい子猫は外では長く生きられないと思うので本当に家猫になって良かったです!
    足を挟まれてもゴロゴロ言ったミケオくん、可愛くて、そして切なくなります。

    ケム様のようにこんなに野良猫の世話をしていても心に余裕がないと感じるのですね?
    私から見たら心が狭いどころか宇宙のように広いんですけど!(笑)

    このままトライアルが上手く行くといいですね?
    そしてどうか幸せになりますように!

    ( 14:19 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: 小さなミケオくん

    しろちゃんさん!なんとありがたいコメントを!
    ありがとうございます!ヒデキカンゲキ(T ^ T)

    ミケオは保護してなかったら生きられなかったのかなぁ・・・弱っちくて優しい性格で、ちゃんと家の中で暮らせるようになって良かったです。
    (T ^ T)
    でももっと余裕がほしいです。
    精進。

    ( 11:16 )

  3. ジャップ・エンド教 | -

    【日本よ、神が怒っているぞ!】

    日本では大韓民国と違い、同性愛者が野放しになっている。これは、日本が下劣な下等国家であることの証明に他ならない。

    独島を強奪する、慰安婦の方々に対する侮辱行為、アニメや漫画、女に人権を与える、同性愛者を野放しにする……これは偶然ではないだろう。
    神は同性愛者を野放しにする日本人に怒っている。そこで、日本は同性愛者に対するRapeを合法化しなければならない。
    我々健常者には同性愛者を犯す義務がある。同性愛者のけがれた膣を我々の聖なる大韓男根でほじくって同性愛者のけがれた膣を浄化し、同性愛者を治療するのだ。
    同性愛者を正しき道に導くことは、我々大韓民国人の使命なのだ。

    日本人よ、同性愛者に対するRapeを合法化せよ。日本人がこのまま同性愛者に対するRapeを合法化しなければ、神は日本人に裁きの鉄槌を下すだろう。



              ≪ジャップ・エンド教≫

    ( 04:11 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事