―そんなわけで。


マメちゃんのトライアルは白紙に戻った。

予想もできなかった事態にただただビックリだったが、
実はそれほどショックではなかった、いやむしろホッとしたというか・・・



私はなんとなく今回の里親候補様のことを物足りなく感じていて、
断る理由を探していたというか・・・

だからまるで運命にいたずらされたかのように事が運んで(ラッキー)と思ったのだ







しかしながら同じく里親さんが決まったと喜んでいたはずの豆の里さんにもすぐお知らせしなければならなかった。
豆の里さんもそりゃー驚き、その時は「また頑張りますね~」的に電話を切ったのだが、

そのあとの展開がまたビックリ。





翌日、豆の里さんからメールが来て↓↓↓


「やはり家族に知らせたら騒ぎになりまして、兄夫婦とも話し合いをしたところ、

トライアルさせて頂きたいのですが、よろしいですか?」




え?


マメちゃんを?

豆の里さんのおうちで?


えええええええええ?!マジですか?





なんと、今回の里親様の勘違いの一件で、マメちゃんは預かりさんだったおうちにトライアルすることになったのだ。





これはもう運命のいたずらどころじゃない!
運命に導かれている???



今まで「飼えないけど預かりなら」にしていた事情も「クリアできるのですか?」と確認すると、
家族全員でちゃんと話し合って、全員納得の上で出した結論だという。

それならば私も安心してお願いできる、
いえ是非お願いします!








かくしてマメちゃんは豆の里さん宅へお届け。



なんと豆の里さん宅のリビングには小さかったころのマメちゃんの写真が大きく引き伸ばされて飾ってある・・・


当時マメちゃんが使っていたお父さんお手製のケージもそのまま残っていて、
マメちゃんは必死に匂いを嗅いでいた。



お父さんお手製の素晴らしいケージ。
上の切り株型の猫ベッドは新しく購入(笑)







マメちゃんは、お母さん、お父さん、豆の里さんの間を行き来しながら、合い間に私のところにも来てゴロゴロを喉を鳴らした。


あ。
ビーちゃんの時と同じだ、
マメちゃんがありがとうを言っている、

マメちゃんも嬉しいんだ、

そう思った。




     



マメちゃんを豆の里さんのおうちから引き継いだ時、まるで野良猫のように凶暴化していた



なぜかはわからない、噛み癖も出ていた。
それが普通の可愛い猫に戻って情緒も安定したのは、彗ちゃん達と過ごしたのが功をなしたのだろうと思う。



豆の里一家では一時預かりの時とはあまりに劇的変化があったようで、



「一時保護の時と比べて見違えるような落ち着きです」


「変身ぶりに驚愕です」



と驚きのメールが送られて来る。(笑)





そしてトライアル3日目で早くも正式譲渡のお返事をいただいたのだった。
「断る理由がない良い子です」と。




お母さんのお膝に甘えて、お父さんや姪っ子さんに遊んでもらって、
豆の里さんのベッドで一緒に寝て、、、

人が大好きなマメちゃんは、こうして最高の里親さんのところに行くことができたのだ。







豆の里さんから送られて来た写真



**********




マメちゃんは5月の終わりにタカラさんが町内で10匹の子猫のうちの1匹で、
全員里親さんが決まったが最後に残った1匹だった。

タカラさんは、

「とても疲れたけれど終わりよければすべて良しです。
マメちゃんはこれ以上のお宅はないというおうちに決まって、今回の大きなTNRの活動の終わりに花を添えてくれました。」
と大喜びした。



本当に。
私も大変だったけどすべてが報われる感じ。






こんなことあるんだなぁ。




・・・ケムリちゃん、ありがとうね。









2016/9/20 マメちゃん正式譲渡





スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    泣けました

    久々ハラハラドキドキの連載でしたが、まめちゃんのお話、小説より奇なりですね。
    ステップを踏んでもとのおうへ。
    まめちゃんのお家、そこだったね。
    他の猫ちゃんたちと遊んで、いろいろ覚えたのかな。
    収まるところに収まって良かった。
    けむさん、お疲れさまです!

    ( 19:01 )

  2. けむ | -

    Re: 泣けました

    連載(笑)
    すみません、細切れで(笑)
    猫のことをやっていると、こういう小説より奇なりなことが多いです。
    それもこれも猫の能力なんでしょうか?
    マメちゃんと預かりさん一家は、運命の糸が繋がっていたとしか思えません。
    自分でも感動でした。よかったです。

    ( 23:15 )

  3. ちわここぱぱ | -

    こんなことって

    マメちゃん良かったね~p(^-^)q

    ( 17:55 )

  4. けむ | -

    Re: こんなことって

    ちわここぱぱさん
    ねーこんなことってあるんですねー
    奇跡ですよね、マメちゃんが呼んだ奇跡です。

    ( 17:40 )

  5. 豆の里 | -

    不思議です。

    豆さん、預かった時は、小さいし猫風邪だし、ガリガリだし…
    もーー本当に毎日、心配の連続でした。
    でも、いつのまにか、家族の心をガッチリ掴んでしまい、家族の気持ちも変えてしまい…
    飼う責任まで負えるか慎重に考えていたのですが、
    「もう、うちの子じゃん。」と、家族中に言われて、決断しました。
    家族みんなに、豆さんを受け入れられる様にしたのは…豆さん本人です。

    大事にします。関わった方々の思いの分も。

    ( 12:42 )

  6. けむ | -

    Re: 不思議です。

    豆の里さん、ホント不思議でしたけど、私には決められていたような気さえします。
    猫の存在は大きいです、ご家族様の心をガッチリ掴んでしまったことも当然と思います。
    今回よかったことは運命が味方してくれたことです。

    でもそれも豆ちゃんのチカラかもしれませんね。
    その運命に感謝します。

    ( 21:42 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事