立ち寄る観光スポットは大まかにしか決めてなかった。


「旧高取邸」も唐津銀行にいたガイドさんから聞いたので急遽立ち寄ることにしたんだけど、
これが大正解。




こちらは入館料510円。






このお屋敷は明治時代の炭鉱王の住まいとかで、国指定重要文化財。
敷地2300坪の中に建つ母屋と来客用?の建物でなりたってて、来客棟は家の中に茶室はもちろん能舞台まである。






中は写真撮影禁止なので写真がないけれど、それはそれは見応えがあって面白かった。

無料のガイドさんがついてくれてその説明がまた素晴らしいのですよ、
板戸に描かれた絵や、欄間の彫刻、ガイドさんに言われないと気がつかない細かな細工まで教えてもらって、当時このお屋敷で働いていたお女中さんにまで想いを馳せる。
唐津銀行は観覧料無料なのに観光協会のガイドさんがいて質問に色々答えてくれた、高取邸はガイド付きで順路を巡るスタイル、福岡って観光に力を入れてるのかな?素晴らしい!


唐津に行かれたら是非この「旧高取邸」を見学するのをおすすめします。是非ガイドさんと一緒に。



別棟のお風呂。



別棟の食料庫の地下にはワインセラー




その後唐津焼をおいてある物産館のようなところを覗き、
「河村美術館」なんてのもあったけど先を急ぐ。



当初明日は長崎を観光するつもりでいた。私、長崎行ったことないんだよねー
それが高取邸をじっくり見学したら時間が足りなくなってきて、

伊万里、有田、大川内山といった焼き物の町をせわしなく観光するのもいやなので、
今回は長崎はやめて「焼き物巡り」を楽しもう、とプランを変更することにした。
有田と大川内山は明日回ろう。


それで今日のところは最後に伊万里の「陶器庄家資料館」で情報収集しようと、お宿へ行く途中に立ち寄ることに。
するとここで私達は「伊万里焼」の秘密を知ってび~~~~~っくりするのだった。



それは何かというと、

「伊万里では磁器を作ってない」ということ。



「伊万里焼」というのは伊万里の港から全国各地にに出荷した焼き物の総称で「伊万里焼」というものは存在しなくてその実態は「有田焼」。



昔、中国磁器が贅沢品として流通していたが、中国が政情不安に陥り磁器の生産が衰え輸出も途絶えていった頃、有田では磁器の原料となる良質な陶石を発見したことにより日本で初めて磁器の焼成に成功していた。そして技術や生産が活発化していき、それまで中国磁器の貿易を盛んに行っていたオランダ東インド会社が中国の代わりに目をつけ、日本は鎖国だったが唯一開港を許されていた長崎から海外に向けて本格的に輸出されるようになった・・・



その後有田焼きは国内でも人気が出て全国から商人が買い付けにやってくるのだが、

たとえば大阪の商人が船に荷物を積んで長崎で荷をおろし、代わりに陶器を積んで帰って行くのだが、
注文した焼き物が出来上がるまでにこの港町で宿場として接待をしたのだそう。

磁器の発注と接待と宿場で栄えたのがこの伊万里で、ここから出荷された陶磁器が「伊万里焼き」と呼ばれるようになった。


というのです。


で、その当時出荷された嗜好性の高い焼き物で現存するものが「古伊万里」なんですってー。



つまり伊万里は人のフンドシで相撲をとって有名になった町だったんですね~~




私達は今までまったく知識になかった「伊万里焼の真実」を聞いてそりゃー驚いたのなんのって。


そんな話を、資料館のこれまたガイドのおじいさんが滾々と説明してくれたのだ。


土曜日だというのに他にお客さんもいなくて、更にとっても小さい資料館なので、
ガイドのおじいちゃんは私達の質問に一生懸命答えてくれて、おかげでいろんなことがよくわかった。


もうすごーーーい「へぇ~~~~」の嵐でした。






よーし。



これで明日の焼き物巡りが俄然面白くなったぞー







2016/11/5

スポンサーサイト


コメント

  1. 豆の里 | -

    へーーっつ‼‼

    伊万里焼…そんな真実があったのですね。
    とはいえ、なんでも鑑定団を見て、名前が解るくらいで、焼き物の知識のないワタクシ。
    どこかの古いお店で見付けた、有田焼の猫柄の小皿がかわいくて、値段を見たら、1枚千円…

    小皿で千円…

    家族も多く、割りやすい人も複数いるので、とても買えなかった😅

    素敵な食器を見ていると、お腹すきませんか?

    色々なお料理を妄想してしまいます。

    良い旅を🎵



    ( 09:15 )

  2. けむ | -

    Re: へーーっつ‼‼

    そーなんですよ、豆の里さん。
    で、逆にそんな話が好奇心を刺激した、と言いましょうか「いいこと教えてもらったー」的に盛り上がっちゃいました!

    有田焼の豆皿、かわいいのがいっぱいありましたよ〜
    一枚1000円〜2000円・・・
    超庶民なので買えませんでした!(笑)

    ( 15:03 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事