ある日ネットの里親募集サイトから「テイちゃん」へとオファーがあった。



大人猫のテイちゃんは里親さんも決まってすっかり落ちついて暮らしている。
掲載終了させるのを忘れてた。






テイちゃんは一匹だけで大事にされてストレスなく幸せそう(里親さんから送ってもらった写真より)




申込みは東京都の人からだった。


遠方の人との交渉は苦手だ・・というかはっきり言って面倒くさい
でもその時は保護猫溢れていたからそうも言ってられなかった(アラレさんにもそう言って叱られたし)、もしかしたらテイちゃんに代わる他の猫をすすめられるかもしれない、、そう思ってお話しを聞くことにした。




申込みしてきたのは30代の男性で、奥さんの実家のご両親が猫を飼いたいということだった。
ご両親はともに67歳、徒歩圏内に自分達の家もあり、万が一の時には自分たちが引き取る約束をする、自分達家族に猫アレルギーもいない、ということだった。

67歳でもバックヤードがここまでしっかりしているのなら問題はなさそうだ。
ただしそういった場合はあまり人見知りをする猫を紹介すると、将来飼い主や環境が変わった時に逆に心配。
人懐こい猫を紹介するのがいいだろう、、、


そこで私は人が好きで性格抜群の「アオちゃん」を代わりの候補に挙げてみた。
先方が今まで飼っていて亡くなった猫ちゃんがキジトラで、キジトラ希望だったのだ。(それでテイちゃんに希望してきた)



アオちゃん



東京都のボランティア団体は譲渡条件がとても厳しいらしい。
67歳でもうアウト?別居ではあるが家族がいてその後の約束をしてくれてもダメなのだろうか?(どうやらダメらしい)

先方は「是非その猫ちゃんを検討させてください」とアオちゃんに乗り気だった。









ちょうど同じ日に時間差でタカラさんから連絡があった。

「ポスター見て連絡くれた方がアオちゃんを希望している」ということだった。



あらら。
アオちゃんは今東京の人に紹介したばかりだ。

でもどんな人か聞いてみると・・・・



市内の方だったが、ご主人奥様ともに74歳。


えっ!ななじゅーよん!???




な、74歳じゃあちょっと~~


アオちゃんが20年生きたとすると94歳やんけ。



でもタカラさんはこう続けた。
隣りのF市に娘さんがいて何かあった時は娘家族が引き取る、奥さんは美容室を経営していて今も現役で働いている、そして何よりとてもいい人達だから、と言った。


アオちゃんはタカラさんに預かってもらっている。
それで74歳のそのご夫婦はすでにタカラさんの家でアオちゃんとお見合いをしたのだ。
アオちゃんはそのご夫婦を歓迎してすり寄っていったものだから、ものすごくアオちゃんを気に入って帰ったという。


「でもアオちゃんはけむさんの猫ですからけむさんからお返事がいきますと言ってあります」と。






東京の人と条件はほぼ同じで67歳と74歳・・・そうなるとどう考えても67歳の方が(まだマシ?)だろう・・・


・・・・


申し訳ないが74歳のご夫婦にはお断りしよう。
てもお話ししてみてもしも里親さんとしてふさわしい人達だったら、代わりに年寄りの猫とか、行き場のない子とか、そういう猫さんを紹介してもいい。
でもなぁ、一度アオちゃんを見て気に入っているしなぁ、ぐずぐず言われるかなぁ~と心配になる。






74歳の奥様はかつよさんといった。

失礼ながら私が知っている74歳といえば猫のことでぐずぐずいう頭の固いばあさん・・・というトラウマがあった・・・・




お電話で「アオちゃんはちょうど他のご家族とお話しをすすめていた最中で・・・」とお話しすると・・・
意外にもかつよさんは、
「あ~そうですか、それは良かったです、それなら結構です」とあっさりと辞退を口にした。

お話ししてみるとタカラさんの言うようにとても感じのいい方だった。
話しの成り行きから「実は先日タカラさんの家から帰る時に猫ちゃんの道具を一式揃えちゃったんですよ~気が早かったですね~」と聞かされた。


私は段々この人ならどんな猫でもいいからお世話してあげたいなぁと思えてきて・・・


最後にかつよさんにこう約束をしてしまった。





「猫グッズ一式、私が無駄にならないようにしますから」
と。








2016/12/4
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | T4tqvWw.

    おめでとうございます

    今年も楽しくてホロリとする(そしてよだれもんグルメ)お話、楽しみにしています!

    テイちゃん、幸せそうで何よりです。
    あおちゃんもきっと幸せになりそうですね?
    ケム様の猫と人とのマッチング力?は優れている気がするので今回のかつよさんもきっとピッタリの猫さんに出会える気がします。

    仕方ないこととはいえ年齢が行くと猫と暮らせないのはせつないですね?
    確かに後を本当に見てくれるか、とかそういうの絶対確実には分らないし厳しくなるのは当たり前なのですが...。

    子供でも若くても熟年でも年寄りでも猫と暮らすのは本当に素晴らしいことだと思うので何かいい方法があったらいいですねー?
    猫が家にいる、まずはそれだけで幸せですもんね。

    ケム様の腕のみせどころですね。
    続きを楽しみにしています(笑)

    ( 10:32 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: おめでとうございます

    しろちゃんさん、おめでとうございます!
    いつもありがとうございます、私は猫と人とのマッチングはとても大事だと考えてますから、そう言ってもらえると嬉しいです。
    それくらい、色々な性格の猫がいるからなんですね。
    猫は人間と同じくらいバラエティに富んでます。
    まぁ続きを読んでください(^^;)

    ( 23:04 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事