去年のっぽさんのところから来た子猫達。


クリ
アオ
ちょんこ
まめ
エータ
シーナ
みけお
ユウゴ
みそらちゃん
ジン
シェリー
ラム
シバオ
すずめ
コタロウ



げっ!
14匹もいるやんけ!!!





すべて野良猫だったのをのっぽさんが慣らして連れてきた。


おかげで去年は私にとってかつてない野良猫保護数になった・・・





・・・まぁどの子も外に置いておくにはもったいない、ものすごくいい子達だったから、
のっぽさんがいなければ一生野良だったかと思うと本当に切ない話だ。
その時点でのっぽさんには感謝しきれない。


その上ほとんどの猫にとてもいい里親さんが決まり(クリちゃんとすずめちゃんはまだだけど)
のっぽさんはまさに猫達の救世主だ。





のっぽさんという人は、




ただの年金生活しているおじさん。


でもすごく不思議な人で、
いろんな資格持ってたり若い頃はバリバリ仕事もやってていろんな職種に詳しかったりするんだけど、
のっぽさん曰く「飽きちゃって続かない」。

で唯一猫のことだけは飽きなかった―んだって。

だからうちの近所に住んでいた時は、近所のM公園で一晩中公園の猫と遊んでいた不思議なおじさんだった。
最初に会ったのはM公園になおじろうが捨てられた時で、私が保護に行った時になおじろうはんっぽさんに抱っこされていた。


なおじろう



ベレーちゃんがわが家から脱走した時も、公園にいるベレーを捕まえてくれたのがのっぽさんだった。

普通外にいる猫を抱っこしようとしたって、逃げちゃって絶対無理なんだけど・・・


ベレーちゃんの脱走





のっぽさんは「日本一外の猫を懐かせるのがうまい」と私は思っている。

逆を言えばのっぽさんが懐かせた猫は、飼い猫になれる素質を持っているということだ。







もしも、、、もしもですよ、
この里親生活のことをドラマ化するとしよう。

私が脚本家だったらこのドラマに猫に精通していてどんな猫とも友達になれる浮浪者風のおじさんを登場させたら面白いだろうなぁ~と思う―――つまりそれを地でいくのがのっぽさんだ。




今までは慣れない猫を慣らすのもひとりでなんとかやってきたけど、今はそんな猫はまずのっぽさんのところに連れて行く。


するとたいがいの猫をゴロゴロべたべたにしてくれる。





去年センターから引き取った5匹の白い猫達。
その中のニコちゃん。















臆病てビビりちゃんで、
一度抱っこの手を離してしまうとものすごい勢いで逃げ回って二度と捕まえられなかった。
人に恐怖心を持っているかのように。




それがのっぽさんの前では甘えてスリスリ。





のっぽさんのアパートのニコちゃん




ニコちゃんはおかげさまで理解ある愛情豊かな里親さんにもらわれ、里親さんの前でも少しずつ心を開いてのっぽさんといた時のニコちゃんのようになってきたようだ。

ニコちゃん、よかった~~。゚(゚´ω`゚)゚。





見よ!このくつろぎ方!



今のニコちゃん ニコちゃんのドヤ顔?(笑)




センターから5匹の白猫を引き取った時は一時はどうなるかと思ったが、全員それぞれ幸せに暮らしている。




処分寸前だった白い猫






そんなわけで、今はのっぽさんと二人三脚で自転車操業な保護活動・・・というわけなのだ。

ただのっぽさんが隣りの区に引っ越してしまったためのっぽさんのアパートを行き来するのが面倒くさいったら・・・




あーあ
のっぽさん近所に引っ越してこないかな~~~~と思う今日この頃。












2017/3/5




スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    じゅうよんひき

    里親さんのお家見るたびに、みんないいお家に行ったんだね〜と思ってました。ステキなお家が多かった。けむさんは周りの人の協力を得るのが上手だな〜と思います。
    猫が信頼する人っていますよね。
    猫と同じ波長なのかなー。
    ドラマ化はいいですね。不思議なおじさんと猫しかいない夜中の公園、近くにある別世界ですね〜(笑)

    ( 15:48 )

  2. けむ | -

    Re: じゅうよんひき

    ふぶきさんは詩人ですね〜
    猫のレスキューも全てうまくいく物語の世界ならいいのに。
    のっぽさんは変わった人です。でもまともな話はできるので一緒に行動できます。世の中には色んな人がいますね、これもまた現実ですね。

    ( 18:13 )

  3. ニコママ | -

    ニコのママです。

    ニコの里親になりました、ニコママです。ニコがどういう状況で保護されてきたのか、けむさんのこちらのブログを見て知りました。とてもひどい状況だったので、正直とてもショックでした。
    うちに来たときはなかなか心を開いてくれる気配がまったく無く、挙句の果てに、ストレスで胃腸炎になってしまい、うちで生活していくのは難しいのかとあきらめかけていました。
    そんな中、ニコが自分からゲージを出て部屋の中を探検し始め、背の高い食器棚の上でまったりするようになり、なでてほしくて自分から寄ってきたりして、彼女なりにここで一生暮らす覚悟ができたんだと思います(笑)
    最近は3階の私たち夫婦の寝室のベッドで昼間日向ぼっこしながら寝ています。
    今のところ、トイレの失敗もなく、ひどいイタズラもありません。
    ニコと他の白い猫さんたちを助けてくれてありがとうございました。おかげでとても美人で頭のいい子にめぐり合うことができました。親バカですね。主人も息子もニコにベタ惚れです。
    ニコたちのような不幸な猫さんたちが増えないことを祈ると同時に、保護された猫さんたちがみんな幸せになるように祈っています。

    ( 14:48 )

  4. けむ | -

    Re: ニコママさん?!

    はじめまして!まさかニコちゃんの里親さんが来てくれるとは・・・!
    いや、いえ、ニコちゃんも写真を勝手に掲載してすみませんでした。エイケミさんから転送してもらってあまりに感激して嬉しくて残しておきたかったので・・・ニコちゃんが胃腸炎になったことも聞きました、私もああダメなのかなって思いました(泣)でも諦めずに付き合ってもらったおかげでニコちゃんが本当の家族になれたんですね!
    私はニコちゃんには心許してもらえませんでしたが(笑)どんな子でも通じ合えるんだなと、ニコちゃんのことは私のこれからの励みになりました。ご主人も息子さんもベタ惚れって・・嬉し過ぎます!ニコママさんとのご縁に感謝です(T▽T)ありがとうございました!

    ( 22:37 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事