10月11日祝日、私達グループの譲渡会。
今回の参加は成猫も含め全部で36匹!←多い~~~~(泣)


10月とはいえ生後1ヶ月程度のちびっちゃいのもいる。

1011 012


私はうちからターニャとゆめちゃん、カスミ荘のママのところのはーちゃんとかおちゃんの4匹を連れて参加した。
あっこちゃんはしおちゃんを連れて参加、耳の聞こえないしずかちゃんもいる。

1011 001 1011 010

7月に1度やっている会場なので、今回は要領がわかっていて設営も順調にできた。
しかし前回は開始時間とともにお客様がなだれ込んできたけれど、今回はポツリポツリな心細いスタートだった。

あ~不安的中か?


でも結局その後まんべんなく入場者があって、なかなかの盛況ぶり。
来場者には声をかけて、興味のある子猫を抱っこしてもらう。
その時に子猫の性格を説明したり、里親希望者側の環境や先住猫ちゃんの様子を聞いたりする。

1011 004


36匹もいる中で、子猫を欲しくて来る人にとっても「決め手」が欲しいはずだ。
その決め手をアドバイスしてあげるのだ。
もちろん希望者のまったくのインスピレーションで決まることも多い。

三毛猫が欲しかった

前飼っていた子に似ていた

長毛の子が欲しい

・・・・・・・・・・・

そんな中、カスミ荘のママのところのはーちゃんが「この子がいい」と言われ即決???

なぜ(???)なのかと言うと、、、はーちゃんは兄弟の中でいちばん人に慣れていなくて、いちばん里親さんを探すのが難しいだろうと私はタカをくくっていたのだ。
「はーちゃん」という名前も、すぐに「ハーーーーッ」と威嚇するからだった。

「いまいち人慣れができてない」ことを説明したが、そのご家族は「前の子も連れて来た時はシャーシャー言っていたので大丈夫」だと言う。


他にも適当な子がたっくさんいるのに、
いいんですかこの子で?本当に?


そのお宅で以前飼っていた猫と柄が同じだってわけでもなさそうだし・・・
まったくのダークホースだった。
そんなこともあるんだ・・・


1011 005 1011 011

1011 006 1011 003


会場には新聞社の方が取材に見えてくれた。
取材に見えた女性の記者は、「どうしてこんなにみんなきれいなんですか?」と質問をしてきたらしい。
私達グループの代表の人がこう答えてくれたようです。

「それは保護した人がお金と労力を惜しまずお世話しているからです」


われながら・・・あらためて・・・皆えらいなぁと実感。




終了時間ギリギリまでお客様がいて、終わってみれば10匹ほど成立。

しおちゃんも里親さんが決まり、しずかちゃんもトライアルが決まった! ヤッタ~

しずかちゃんは耳の聞こえないハンデはあるが、長毛がミンクの手触りで、性格も抱っこが好きなすっごくかわいい子だった。
私も立ち止まって見ている人に一生懸命オススメした甲斐があった。


ターニャとゆめちゃん、そしてかおちゃんはお帰り~ 

希望を捨てずにおうちを探そうね。

1011 035 かおちゃん



2010/10/11




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事