先日家族で近場に一泊旅行に行ってきた。


以前親戚一同で行った「焼津グランドホテル」



嵐の日の家族旅行



父のお誕生会を中島屋グランドホテルの中華「四川」でやった時、1月に会員限定「新春の集い」という宿泊プランがあることを知り、おもしろそうなので母の誕生日をかねて宿泊予約をしたのだ。
(焼津グランドホテルは中島屋ホテルチェーン)




ところが。

母が「行きたくない」と言い出し・・・・



そこを説得するのにまぁひと苦労ひと悶着。



年も年なので出かけるのが億劫なのもわかる、確かに去年は体調があまりすぐれなかったのも知っている、だからこそ近場で、観光もしないで、車で行ってお風呂入ってご飯食べて帰ってくるだけのいわば一泊宴会で負担も最小限にしたつもりなのに。




母が行きたくない理由は、



①だるい、面倒くさい

②何かあって皆に迷惑をかけるのが嫌だ

③おばあさんだからしわくちゃな顔を人に見せるのが嫌だ



・・・・まぁ3番目は付け足しに言っただけだろうけど。



だるいといっても毎日近所のスーパーへ歩いて買い物に行っている。
妹が「天気予報を見て雨が降りそうだったら2日分の買い物をしておいで」とアドバイスしても、「毎日歩きたいから関係ない」と言うし。


つまりは意固地になっているだけなのだ。
こういうのって認知症の初期症状かもしれない。
だったら余計今の元気なうちに思い出を作っておきたいじゃんか。



あんまり言うこと聞かないから「いいよいいよ、もうキャンセルするよ」と一旦は諦めかけたけれど、、、どーしても諦めきれなくて母をこう説得した。



おかあさん、

それじゃあもうこの先どこにも行けないんだね、

おととし皆で蓼科に行ったけどそれが最後の旅行だったってこと?

私はあの時はそんなつもりじゃなかった、また行けると思ってた、
だから今のままじゃああきらめがつかない、

頼むから、この先2度と誘わないから、
今回の旅行で最後にするから、
最後の旅行ってことで一緒に行ってくれない?

そうしたら私も諦めがつく、「これが最後」って思って納得するから。




↑↑↑↑↑

これはその場しのぎなんかじゃなくて本心からそう思ったわけで。



これには母もそれ以上の言い訳をすることをあきらめ、

どうにか両親と妹と4人で行くことになったのだった(⌒-⌒; )




「新春の集い」
は、参加者が夕食時宴会場で一同に会して、この会のための特別メニューを堪能できるというもの。

私の買ったばかりの軽自動車に両親を乗せるというミッションも果たし、
のんびり15時にチェックイン。

茶室でプラン限定のお抹茶サービスなんていうのも受け、
お風呂に入ってのんびりして18時からの夕食。

するとひろ~~~い宴会場に案内され、「新春の集い」がスタート。




支配人が挨拶し、料理人が紹介され、各分野(和食・洋食・中華)の料理長が腕をふるったお料理がひと品ひと品ステージで説明される。
ステージ上では最後のひと手間を加えるパフォーマンスを披露しその後お料理が運ばれてくる。








焼津グランドホテルはお料理に定評があって、更に今回のメニューはこの日のために考えたものだけあって特別感がありんすよ!



前菜美しい!お正月再び~な感動(笑)



お肉はイチボ肉、上に乗っているのはカマンベールチーズ、味噌とチーズの相性抜群!
お刺身はもちろん新鮮でうまーい!



食事は毛ガニの蒸し寿司
紅ほっぺのナポレオンの分厚さに感動♡





途中獅子舞が出てきたり、

ビンゴゲームをやったりしてとても楽しく夕食のひとときを過ごせた。


なにより良かったのは同じテーブルに同席した他の人達とのおしゃべりで、


たまたま母の隣に座った女性がなんと母と同い年で、おかげで母もおしゃべりが弾んでいた。



その女性は友達同士のグループで磐田(県内地元)からのお客様だったのだが、
私がやっと(母を)今日ここまで連れ出したのだと話すと、


「出歩かにゃダメだに~」←遠州弁

と背中をたたき・・・・





そうそう。


実はこういうのを狙っていたんだ。




毎日スーパーと家を行き来するだけの母の世界は狭い。
年をとってもはつらつといろんなことを楽しむ人達を見て、知って、
小さく凝り固まった考え方も変えていってほしい。



最近めっきり食が細くなった母だったが、この日の夕食は牛肉を一切れ私によこしただけであとはほぼ完食。

次の日の朝食バイキングも、見とれるほどたくさん料理をお皿に盛ってきてそれも完食。





「楽しかったよ。いい思い出になった、ありがとう。」
と母。




やれやれ。




この旅行が本当に最後の旅行になってももう悔いはない。



「また行けたら行こうね~」

今度行けたら儲けもの、また何度も行けるかもしれないのだから。





ホテルには富士山のビューポイントがあちこちに。








2017/1/23
スポンサーサイト


コメント

  1. | -

    認知症の何たるかも知らないで
    「認知症の初期症状かも」なんて軽々しく言わないで欲しいですね。
    実際にあなたの親や自分自身がその症状を自覚したら
    全身の血が逆流するような恐怖を味わうんだから・・・

    このブログの内容は、もの凄く傲慢だと思う。
    年寄の世界は狭い、確かにそのとおりだと思う。
    でも、なぜそうなるのかということも考えるべき。

    ( 15:34 )

  2. macoto | 3fIBvpkA

    お母さん楽しんでくれたようで、ありがとうって言ってもらえてよかったね^^
    その言葉だけでいいね~
    うちは一人暮らしの、旅行なんて行きたくない、1週間家からでなくても平気っていう出不精の母がいるから認知症、どっきどき。
    それよりも自分の方が危ういかもって
    認知症チェックテストしたら
    「わずかに【計算力】に低下がみられます」って出たよ。。。どうしよう。。。親の心配より自分の心配しないといけない。。。

    焼津グランドホテルって温泉なんだね~
    新春の集い楽しそう~お料理おいしそう~

    ( 17:24 [Edit] )

  3. けむ | -

    Re:

    えーと

    名前のない方、あなたが何を言いたくてコメントしてくれたのか全然わからないです。

    私のブログは私の記録なので、誰かに正確に伝えるために書いているわけじゃない、省略してることもたくさんあるし、わざわざ書かないこともある、例え認知のことを知らなくて私がのちのちひどい目に会おうがあなたに迷惑がかかるわけじゃない、
    周りには認知の家族のお世話をした経験を持つ先輩もいるからあなたにアドバイスもらわなくても相談に乗ってくれる人もちゃんといます、
    傲慢なブログで気に入らなかったら読まなきゃいいだけじゃないですか。

    他人のブログの一部の情報でカリカリするなんて時間の無駄ですよ、人生楽しく生きて下さい。

    ( 22:14 )

  4. けむ | -

    Re: macotoさん

    荒れたコメント欄を癒してくれてありがとう。
    気を使わせたや〜
    ごめんね〜〜

    新春の集いはジジババばっかりで(笑)、多分地元の人が親戚同士集まったり、同窓会代わりにしたりしてる、隣の席のおばさんが来年もおいで〜って、来年も来れたらいいけどね〜

    ありがとね〜〜

    ( 22:30 )

  5. 坂ち | 27ET4VhU

    そんなプランが?

    あのくらい近所なら行きやすいですよねぇ。
    そんなプランがあったとは!
    私も母を連れて行きたくなりました。
    まだ最後とは言わず誘ってあげて下さいね。

    ( 07:40 [Edit] )

  6. しろちゃん | sXFQkzBs

    美味しそうですね!

    色んな催し物があって楽しそうですね!
    何よりお母さんが楽しんでくれて良かったですね!

    自分が大きくなると親は段々小さくなってきて淋しかったりしますが一緒に過ごせる機会がある内はたまには出掛けたりしたいですよね。

    まだまだ出掛けたい~っなっちゃったりして( ・∀・)

    ( 08:43 [Edit] )

  7. 豆の里 | -

    良かったですね👍

    親には晩年、明るい顔で過ごして欲しい…
    ですよね。
    私の母もスーパーとの行き来だけなので、
    豆さんの異物食い騒動が落ち着いたら、ランチでも連れて行きたいなー☺

    ( 12:57 )

  8. けむ | -

    Re:

    坂ちさん、
    しろちゃんさん、
    豆の里さん、

    皆様の優しさが心に沁みます、
    ありがとうございます!

    先週は母のお誕生日の週でもあって、
    お誕生日祝いしたいだとか、親孝行したいだとか、
    そんなことはこちらの自己満足かもしれないのですが、
    母もそこを汲んでくれたようで(笑)
    母には子孝行してもらいました(^^;;


    坂ちさん、このプランは「紺屋町倶楽部」会員限定プランですが、誰でも入会できますから(笑)来年チェックしてみて下さい!

    ( 01:23 )

  9. ふぶき | -

    タイトルが

    何事かと思いましたが、美味しそうで楽しそうでした〜
    歳をとって体力が落ちると気力も落ちるようですが、楽しいことはやっぱり楽しい。
    気にかけてあげられるのも家族ならでは。一緒に、と調子を合わせて思い出増やせる親子ってステキですね。私はもう二親いないので羨ましいです。
    それにしてもけむさんの選ぶ旅行の料理にハズレなし…!今回も堪能です。

    ( 02:32 )

  10. けむ | -

    Re: タイトルが

    ふぶきさん、そうですね、タイトルは「・・・のつもりで」という意味でした(笑)

    ふぶきさんはご両親とももういないのですか、、そうなんですよね、だいたい私の同級生は全てどちらか亡くしています、私は両親揃っていてとても幸せです。

    離れて暮らしているので、ちょっと豪華なランチでも、のつもりで誘ったのが「最後」という肩書きになってしまったというわけです。
    もっと帰れるのがいちばんなんですけどねー

    ( 12:10 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事