のっぽさんのところに行ったキジ白くんは・・・













あらいいお顔・・・

いい子になって・・・


この子はのっぽさんの方で里親さん見つけてくれた。
公園でも懐っこくて人気の猫さんだったようだったから、地元の人で欲しい人がいたようだ。



うちに連れてくる前に去勢手術してワクチンして、譲渡会出そうと思っていたけどあっという間に里親さん決まって、あっけなかったけどまぁ良かった。




傷だらけだったキジトラの女の子は、退院するとカスミ荘のママに預かりをお願いした。
カスミ荘も保護猫がいなくなったタイミングだった、良かったー。
キジトラの女の子は「すずめちゃん」と名前をつけた。



すずめちゃんの傷はこんな感じ。




こういうのが縦横無尽にある。
これはだいぶ良くなった傷跡。

なんだろう?
鉄条網の中から出てきたとか?




そしてハゲもできてた。







真菌ではなさそう。

ストレスかなぁ・・・(・_・;



もしかしたら外の生活にすっかり慣れちゃってて家の中がストレスなのかなぁ・・・(入院してたし)


大きくなって保護した子はそんな心配もしてしまう。




それにこの子ものっぽさんの言うようなゴロゴロのベタベタな様子は見られない。
外では餌をもらうために自分の実力以上の振舞いをしているのかな?




すずめちゃん、おうちにいる方がいいよ、
すずめちゃん、早く懐いてね。










2016/12/30 すずめちゃんカスミ荘へ
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    うーん何だろう、いつも通る場所にブリキの切れ端とか破れた金網とかあるのですかね…
    すずめちゃん、小さい傷も外では怖いよ。もうケガなんかしないからね。お家で人と仲良く暮らそうね。
    若い子は柔軟性もあるし、慣れるのも早いといいですね。
    うちも狭いのにケージで近々預かりせねばです。けむさんちの惨状が再現される予感しかしないです…嗚呼…

    ( 04:28 )

  2. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    すずめちゃんは1ヶ月ほど姿を消していて、戻った時に傷だらけだったんです。
    その間に何があったのか・・・もーホントに猫と話が出来たら!(笑)

    ケージに入っててもらうのって、人間もストレスなんですよね、将来大きな家に引っ越したらふぶきさんの猫も預かりますよ!(連れてくるのが大変だっちゆーの)

    ( 12:16 )

  3. ふぶき | -

    わぁ〜

    そんなすてきキャットハウスだったらテクテク行っちゃいますよ〜♫
    ホントは狭くても明るくて風が入って安全な保護部屋があればな〜て思います。台所しか仕切れないので、狭い所に更にケージが…とっとと慣れてケージ出てもらおう(笑)

    ( 03:27 )

  4. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    はい、いつもとっとと慣れてケージを出てもらうように・・・ってそんな子ばかりじゃないですもんね〜(^^;;
    猫と暮らす終のすみかを妄想する今日この頃。
    もうそんなに長くは生きられないから、現実にしたいなぁ〜

    ( 01:43 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事