私達のグループで譲渡会をやった数日後、知っている動物病院で小さな譲渡会があった。

どんな小さな機会でも与えてもらえるのならと、
ターニャとゆめちゃんを参加させてもらった。


そこの動物病院の譲渡会は平日の16:30~19:30。
仕事中に無理やり抜け出し、2匹を預け、あとのことを仲間に頼んで職場に戻ったのだった。

0000 139



そしてこの日、ターニャに里親さんが決まった。


里親さんになってくれたのは70代のご夫婦。
自分たちの年齢ではもう猫を飼うのは無理かもしれない、と思っていたところ、
同居の息子さんが「猫を飼ったら」とアドバイスしてくれたのだ。

たくさんの猫の中からターニャを選んでくれたのは、
そちらのお宅では代々キジトラ猫を飼っていたため最初からキジトラ希望だったこと。
そしてキジトラ猫は他にもいたけれど、ターニャの片目がふさがっていたことに、
「この子はもらわれにくいだろうから」と同情してくれたのだ。


なんてありがたい。 


私の中では、もはやターニャを里子に出すのは無理かもしれない、
そんなこともぼんやりと思いはじめていたから、
天から降って来たような話だった。

譲渡会の間、そばに付いていられなかった私の代わりに、一生懸命ターニャを薦めてくれた仲間のおかげでもあった。
里親さんは避妊手術の時にターニャの片目も切開することを約束してくれた。

この日耳の聞こえないしずかちゃんも、前回の譲渡会で決まった里親さんが迎えに来て、
なんとベンツに乗って帰って行った。



ターニャは見た目以外は全くなんの問題もないかわいいいい子だったから、
たとえ片目がふさがっていようとも、私は自信を持ってターニャをお届けに行った。
見栄えの悪いターニャをわざわざ選んでくれたやさしいご夫婦にもらわれて、
ターニャは幸せになるに違いない。

ターニャは街の小さな写真屋さんの猫になった。


DSCF2889.jpg



ターニャに里親さんが決まったその日、
実家の母にターニャの里親さんが決まったことを報告した。

「かわいそうだからって選んでくれたんだよ」

そう言うと 突然泣き出す母。 



実は実家で飼っていたミーというキジトラ猫が、この6月に亡くなっていた。
ミーは気難しい猫だったので、たとえ私の猫を一時的に実家に連れて行くことも許さなかった。
そのミーがいなくなり、ターニャの里親探しが難航した時、もしやミーの代わりにターニャを飼ってはくれないだろうかとさり気なく持ちかけてみたが、母は「もう動物は飼わない」とかたくなに拒んできたのだった。



猫を飼ってください


猫を飼ってください



それは私が母に対して訴えてきた言葉だったのだ。



そんな母もターニャの行く末を心配してくれていたのだろうか。


おかあさん、安心して。
ターニャはすばらしいおうちにもらわれて行きました。
最初はオドオドと隠れていると思うけれど、
きっとかわいくて美しい猫に成長して、写真屋さんの看板猫になるから。



0712 005 2010/7/13撮影




※ターニャをご心配いただいた皆様、ありがとうございました。



2010/10/15



スポンサーサイト


コメント

  1. robi | -

    no subject

    思わず(゜-Å) ホロリです。
    前回のことのすぐ後なのに、こんな素敵なお話が聞けてよかった。
    ターニャちゃんの本当のおうちが見つかって良かった♪

    ケムさんのお母様も、猫が恋しくなる日が来るといいですね。

    ( 20:53 )

  2. くまねこ | SFo5/nok

    no subject

    こんばんわ・・・

    よかったですねぇ・・・ターニャちゃん

    なんだかほんと、ほっとしました

    あとはターニャちゃんの手術が無事、うまくいきますように。両目ともぱっちり見えるようになるといいですね。

    いつもいいお話を聞かせてくださってありがとう
    (読み逃げばかりで、ごめんなさぃ^^;)

    ( 22:35 [Edit] )

  3. ちわここ | -

    no subject

    ターニャちゃん良かったですね!
    いつも読み逃げしてましたが←すいません
    嬉しさのあまりコメしました♡


    ( 13:38 )

  4. けむ | xzfXrOoo

    no subject

    >ろびちゃん
    ありがとう!本当に私も嬉しかったです。
    ターニャはもう3ヶ月もわが家にいましたから。
    希望は捨ててはいけませんね。
    母も・・・本当は寂しいはずなんですけどね^^;


    >くまねこさん
    ありがとうございます。読み逃げだろうが歓迎です。^^
    いつか両目ともきれいな開いたターニャの写真を載せられたらいいなぁと思います。
    待っててくださいね!


    >ちわここん
    私も皆さんの日記はほぼ読み逃げですから~^^;
    心配していただきありがとう。
    私も本当に嬉しいです。
    皆に気にかけていただき、ターニャは幸せ者です。

    ( 18:10 [Edit] )

  5. カツオ | -

    おめでとう♡

    よかった(uu)ターニャ幸せになってね♪

    ケムさんもお疲れ様!
    まだまだ先は長く終わりはない道だけど
    ケムさんの行く道にはいつも太陽が明るく照っていますように^^v

    ( 21:04 )

  6. 日向 | -

    no subject

    ケムさんこんばんは。 ひなです。
    いつもいつも、本当にご苦労様です。

    ターニャちゃんも、ケムさんに必然的に出会い、
    本来もつ幸せを引き寄せる力を発揮できたんでしょうね。。
    このブログに出てくる 猫ちゃんたちみんな、そうなのだと思います。

    お母様だってきっと、猫ちゃんを抱きしめたら
    猫ちゃんの匂いを嗅いだら 愛しい眼差しを感じたら
    拒む理由なんて 忘れてしまうかもしれませんね^^
    だって、ケムさんのお母さんだもの。。

    これからも ケムさんや 一緒に頑張られている方々の想い
    ひとつひとつ実を結びますよう わたしも願っています。
    人とのつながりは 何にも替え難いですね。

    ( 00:26 )

  7. けむ | xzfXrOoo

    コックさん

    ありがとう~~~~♡
    ううう~~~終わりのない道・・・ガクッ
    そうなんだよね~~TTだけどなんとかなってるのが不思議だ。
    猫が守ってくれてるかな?そうに違いないね!

    ( 17:41 [Edit] )

  8. けむ | xzfXrOoo

    ひなちゃん

    ひなちゃん、こんにちは。
    いつもブログを覗いてくれてありがとう。
    猫達との出会いは偶然なんだか必然なんだか、、、でもたくさんいるかわいそうな子達の中で、縁があって出会ったらやはりなんとかしないとならないわけで、
    見つからない間は苦痛が伴います。
    自分で抱えたらいけないと、なにがなんでも思うからです。
    それで最後は神頼みならぬ「猫頼み」(笑)
    猫達にもそんな力があると信じてみないとね。^^
    実家はうちの猫の避難場所にとっておこうと思います。

    ( 17:51 [Edit] )

  9. くうねこ | -

    no subject

    心温まりました。いつもいいお話をありがとうございます。

    ( 13:09 )

  10. けむ | xzfXrOoo

    くうねこさん

    こんにちは、くうねこさん、
    はじめまして。
    ブログ読んでいただきありがとうございます。
    コメント嬉しいです、励みになります。^^
    ありがとうございます。

    ( 14:09 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事