4月の譲渡会でトライアルが決まったオセロくん。




生後8ヶ月くらい。オス。


里親希望者様のOさんのおうちは子供さんが3人いて、
小学校5年生、1年生、幼稚園年少。


( ̄▽ ̄;)


小さい子供さんがいるおうちには猫をあげない団体さんもいるけれど、
お母さんもきちんとしていて、小学生の2人の子供さんはとても聞き分けの良さそうなお子達。
で、いちばん下の娘ちゃんは・・・それなりに元気(^_^;)




実はOさん、オセロの前に別の団体から子猫をトライアルしたらしい。
その猫が慣れなくてなんとお返しになってしまったという。
(正確には連れ戻された)


小さな子供さんのいるおうち、年寄りのおうち、、猫の性格を考えて渡す側もマッチングを考えないといけない。





そしてみごとオセロくんは、


















素晴らしいっ!




*****




オセロはのっぽさんが猫と遊ぶためにいつも行っている公園にいた猫。


ここには比較的人懐こい猫達がたくさんいる。






2017/4/2





3月の譲渡会で5匹の保護猫全員の里親さんが決まって気を良くした・・・じゃなくて希望を持った私達は急遽オセロ達を保護したのだ。



私達というのは、つまり私とのっぽさん。(^^;;



ここの公園は観光客も多くて餌やりさんもたくさんいるようで猫達もそれほど痩せ衰えてはいない。

でものっぽさんの話によると、突然いなくなる子や、病気の子も多いという。


・・・・・

現にこの子達↓はフードを置いても全く食べようとしない、寝ているのを起こしてもぐったりして寝続けていた。





誰かが土の上に置いていってくれたのだろう・・・小さなひざ掛けの上に2匹でぎゅうぎゅうに乗っていた、その姿が私は不憫でならなかった・・・(/ _ ; )





公園の猫は自由気ままで幸せだという人もいる、、でも私はそうは思わない。



外は危険がいっぱいだし、病気になったらそのまま一気に悪くなる、たとえ人懐こくて連れて行かれる子がいたとしても、ちゃんとした心ある人が飼ってくれているならまだしも、どんな人がどんな目的で連れ去るかもわからない。





左の背中にブチの模様があるのがオセロ。








保護してすぐに去勢手術、駆虫検便をしておうちの中で慣らし譲渡会へ、そしてトライアル決定。
その間わずか10日ほど、オセロは10日で公園から子供がいる新しいおうちにトライアルに行ったことになる。


なかなかのチャレンジャーなことではあるが( ̄▽ ̄;)




ケージの中のオセロ



Oさんも子供達も前の猫が1週間でいなくなり、ちょっとした「猫ロス」状態だったので
そこは慎重になってくれていたのも良かったのだろう。


それにのっぽさんから、
「オセロは子供が好きだよ」と聞いていたんだよね。


オセロもがんばった!






かくして里親のOさんから無事正式譲渡のお返事をいただいた。


オセロはチョコちゃんになった。




「娘はチョコがかわいくて仕方ないようです♡」とOさん。






良かったね、オセロ。

今頃Oさんちのひろーいリビングを走り回っていることだろう。








2017/5/7 オセロ本譲渡





スポンサーサイト


コメント

  1. 豆の里 | -

    性格

    色々な子がいますね。以前、勤め先にいた庭猫さんは、オスなのに、新入りの子猫の面倒を、母かと思う位、よくみていました。
    そうかと思えば、ケンカ好きのおばあちゃん猫がいたり…
    オセロくん、良かったです。

    ( 13:25 )

  2. けむ | -

    Re: 性格

    猫はだいたい子供か苦手ですよね、そこはオセロは貴重な猫でした。マッチングの妙に自画自賛(笑)
    でも里親さんか選んでくれたんですけどね(^_^;)

    オス猫は結構面倒見いい子が多いですよ、よその子を見るのはメスよりもいいくらいです。
    ホントいろんな子がいますね〜

    ( 12:30 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事