この写真の







リオンの隣りにいるパステルの三毛が「珊瑚ちゃん」
2歳・・・くらいかな?まだ若いメス。

お腹に赤ちゃんがいた。



オセロ、リオンと一緒に、つまり3匹まとめて保護してきたのだ。





珊瑚は私が慌ててつけた名前だが、

のっぽさん曰く、オセロとリオンのお母さんなんだと。




のっぽさんの話しによると、珊瑚はものすごく人懐こくて、子猫を産むと子猫も早くに人前にデビューさせるため、珊瑚の子供も皆人懐こくなるのだと。


でももう子猫デビューはしなくていい。


珊瑚ちゃんは避妊手術をして耳先を小さくカットしたが、
そんな人懐こい子ならと、リリースせずに里親さんを探すことにした。







珊瑚ちゃんは保護してすぐに避妊手術、そしてすぐに譲渡会に参加だったから、まだお腹の傷もくっきりしていた。

初めての譲渡会では緊張して呼吸も荒かったのがかわいそうだったけれど、



珊瑚ちゃんはメンバーの伝手でそのお知り合いの方にもらっていただくことになった。





それがもったいないくらい素敵なおうちで、





里親になってくれたIさんのおうちのお庭にはあふれるような花と緑が咲いていた。








Iさんは「どんな子でもいいから」と、

最初にあまり人慣れしていないミータくんというオスのキジトラ猫をもらってくれて、
珊瑚のこともこちらが薦めるままにもらってくれたのだった。


なんてありがたい・・・





公園の猫だった珊瑚ちゃんは次から次へと環境が変わり、ミータくんともいきなり同居することになったわけだが、
お届けの日、ビビりのミータくんがベッドの下でシャーシャー言ってるにもかかわらず、珊瑚はケロッとミータくん専用の座布団に座ってしまったのだった。





先日Iさんのおうちにお届けものがあって訪ねると、前回は見れなかったミータくんの姿も初めて見ることができたが(ミータくんも慣れて来たんだね)、
珊瑚は私から逃げて行った。




まあね、私とはほんの少しの間一緒にいただけだもんね












珊瑚ちゃん、これからはおうちの中からきれいなお庭を眺めて、ミータくんと仲良くして、
IさんとIさんのご家族様と、いつまでものんびり暮らしてね。









2017/4/21 珊瑚ちゃん譲渡お届け
スポンサーサイト


コメント

  1. 豆の里 | -

    すごい庭!

    本当に素敵なお家!私が猫になってもらわれたい。(いらないでしょうけど)
    野良からお姫様になったのですね。
    良かった。

    ( 19:31 )

  2. けむ | -

    Re: 豆の里さん

    豆の里さんならどこぞのイケメンオス猫が喜んでもらってくれそうですけどね〜〜

    家付き庭付き猫付きで・・・どうでしょう?

    頑張ってください!(笑)

    ( 12:42 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事