ヒメちゃんが骨折したのが3月25日、手術をしたあとずっと病院の個室にいたわけなので、ヒメちゃんはかれこれ2ヶ月半もエリザベスカラーをつけっぱなしで過ごしていた。


足につけたビスカバーをとってしまわないように、ということだろうが、、、、カラーをつけている猫の情けない姿ったら・・・(-_-;)


私は猫のエリザベスカラーが大嫌いだ。




犬と違って猫は床からの高さがないので、エリザベスカラーをしているとあちこちにぶつかるし、下手すればトイレでウ○チもすくってしまうかもしれなくて恐ろしいったら!
避妊手術の時はカラーをさせるのが嫌で術後服を手作りしたほどだった。



術後服作り




退院したヒメちゃんの毛はボサボサに荒れ果てていた。そりゃー自分でグルーミングできないんだから無理もない。
首回りだって窮屈そう・・・私は思い切ってヒメちゃんのエリザベスカラーを外すことにした。




ヒメちゃんの足のビスカバー




するとエリザベスカラーを取ってもなんら問題ないことがわかった。
きっとヒメちゃんの足のビスカバーは長い時間ついてるおかげでもう違和感なくなっているんだろう、ヒメちゃんはビスカバーを気にしていない!




良かった~~





ヒメちゃん窮屈だったよね!

エリザベスカラーも病院のケージの中も。









ヒメちゃん用にあつらえた部屋はベランダへ出るサッシに続いている。
そこを個室にしてしまったので、わが家の猫たちはベランダに出られなくなってしまったが(⌒-⌒; )
しばらくの間我慢してもらうしかない。


これから暑くなったらエアコンを入れないとならないけど、今の季節はいちばん気持ちのいい季節、ヒメちゃんも快適と感じてくれたらいいんだけど・・・



ヒメちゃんのボサボサの毛を毎日ブラッシングしてあげて、そのあと1日1回のお薬を飲ませる。

一日にヒメちゃんと接するのはそのわずかな時間。
(この時同時に子猫が4匹いたし)





でもやがてブラッシングの間、

ヒメちゃんがゴロゴロ言うようになった。




ヒメちゃんのゴロゴロを初めて聞いた。








ヒメちゃん、ごめんね。

痛かったし、窮屈だったし、寂しかったよね。


早く治ってAさんのおうちに帰ろうね。








同時進行の子猫達






















2017/6/19

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事