ヒメちゃんが病院を退院してわが家のリハビリ部屋で過ごすようになって1ヶ月。


1ヶ月後の検診に行ってきた。


ヒメちゃんはなぜか骨の形成が遅く、病院だと動き回ることが出来ないから多少動いて骨に刺激を与えましょう、ということで退院したわけなので、
リハビリ部屋で歩き回るようになって、その効果のほどを期待していた。



レントゲン写真

左が現在、右は1ヶ月前










おわかりだろうか?



1ヶ月経ったのに



ほとんど変わっていなーい。




なぜ~~~~(T▽T)



ショックだった。

先生も首をかしげるだけだった。



普通なら骨折なんて2ヶ月もすればくっつくはずなのだ、
ヒメちゃんどうして・・・!?



でも今は他に方法がない。
骨のズレもない、レントゲン写真ではかすかに骨が盛り上がって見える部分もある。


とにかく今のまま経過を見るしかない、


先生と相談してと そういうことになった。












どうして骨がくっつかないのだろう?


調べると人間の場合でも「治りにくい骨折」というのがあるようだ。
「偽関節」とかいうようだがヒメちゃんの場合はそれとも違うような気がする。


この1ヶ月間、少しでも骨が形成されるように牛乳を薄めて煮沸したものを飲ませたり、食欲増加とか栄養補給のサプリを飲ませてみたりしたが効果なかったということだ・・・

あああ・・・


ヒメちゃんの骨折を早く治してAさんの家に帰さないと、ヒメちゃんがAさんの家に帰りづらくなると困る、

わが家では相変わらずナナがヒメちゃんを見張っている、

最近は何が気に入らないのか、ナナのマーキングが始まってしまった・・・



ナナったら勘弁して~~(T▽T)




猫って偉いのかバカなのかわからないけど、ほぼ同じ場所にマーキングするのでペットシーツを敷いておけばなんとかなるんだけど、

わが猫ながら悲しいったら。.°(ಗдಗ。)°.





藁をもすがる思いで飲ませている


サントリー「カルシウム&マグネシウム」





サントリーの回し者ではございません。



効果のほどはまた1ヶ月後。





2017/7/21


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事