あの絶叫していたブランは






なぜか突然超ゴロゴロな猫になった。













ケージを新しくしてから、割と友好的になって来たことは来たのだが、


サガンが噛んでまで攻撃するようになって来たので、
まずはサガンをのっぽさんのところに連れて行って再度調教してもらうことに。^^;

それでブランが一匹になったわけだが、
そのあたりから徐々に甘えるようになってきた。






実はブランは皮膚病を発症してしまい、患部を舐めて酷くしてしまうので舐めないように服を着せてみたのだが、







洋服着せたタイミングかなぁ
急に大人しくなったのは・・・( ゚д゚)



普通猫に服を着せると、
後ずさりする、動けなくなる、歩けなくなる、などの症状が出るのだがブランくんは大丈夫だったのでそのまま着せておくことにした。



毎日飲み薬と塗り薬塗布のために抱っこする。

するとゴロゴロ度合いはどんどん増してくる。




あの絶叫していたブランはなんだったのか・・・








猫ってホント不思議。


でもまぁ安心した。
これなら在庫になることはない。






ちなみになんとサガンものっぽさんのお知り合いの方で里親さんが見つかったからビックリ。




サガン




しかももうお父さんと一緒に寝てるって。( ゚д゚)






子猫は兄弟に習うところがある。


警戒心の強い兄弟は引き離して、それぞれ人馴れさせるのが案外効果的だったりするのだ。











2017/8/20
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事