みなみちゃんはカスミ荘のママの家の物置に野良ちゃんが置いていった3兄弟の一匹。


全員フーシャーだったがその中でいちばん懐こい子が先にもらわれると、あと2匹は人慣れさせるためにのっぽさんにしつけを頼んだ。




オスがほくとくん
メスがみなみちゃん


名前はほくとくんのお見合いが決まった時に慌ててつけた。





のっぽさんのしつけのおかげで人慣れはできたものの、実はみなみちゃん達兄弟はエイズ陽性疑惑があった。


3兄弟で最初にもらわれた子の里親さんが、病院で血液検査をしてもらったところ「エイズ陽性反応」が出たと言われたのだ。


慌てたカスミ荘のママはすぐに残り2匹の血液検査をしたところ、2匹ともエイズ陽性反応が出たのだ・・・




その頃まだ生後2ヶ月弱だった。

カスミ荘のママは絶望していたけれど、
おそらく母親からの抗体移動だ、もう少し大きくなってから再検査すれば大丈夫だよ、そうママを慰め、、それでもほくとくんはもらわれて残ったみなみちゃんを私が預かることにした。


(最初の里親さんもエイズ反応が出た子を返さずにそのままもらってくれた)



エイズ陽性反応が出た子を譲渡会に出すにはプロフィールにそう記さないとならない。

子猫だらけのこの時期に「エイズ陽性」という子をわざわざ選ぶような人はいないだろう。


可愛い盛りのみなみちゃんだったが、私はもう一度血液検査をするまで譲渡会に出すのをやめることにした。



そして2回目のワクチンの時~最初の検査から2ヶ月ほど経った頃、

みなみちゃんの血液検査をすると、





陰性や~~ん!!!



良かった、みなみ!
これで大手を振って譲渡会出られるよ!


よかったぁ~~~~。゚(゚´ω`゚)゚。




そんなこともあるからあまり月齢の小さいうちの血液検査はアテにならなくて、
小さい子は敢えてしないようにしている。




みなみはシャイな子だった。




先日の譲渡会でそのみなみの里親さんが決まり、
里親さんのところが自営業だったため、お届けの日程が噛み合わず、
結局その日に「今日の夕方なら」ということで譲渡会の帰りに届けることにした。



幸い会場からも近く、他の猫達のキャリーもぎゅうぎゅうに積んだまま里親さんのお宅に着くと、家の前で家族全員総出で待っててくれていた。



私はみなみをうっかり別の猫と一緒にキャリーに入れてしまって、慌てて車の中でキャリーの入れ替え作業をしているとみなみがキャリーから出てしまった。


まぁ車内にいることは間違いなかったから、


慌てず騒がず狭い車内でいざみなみを探してみたのだが、


シートの下のどこを探しても見当たらない。






そんな馬鹿な?

いやホントにどこにもいないのだ。
意味がわからん?



イリュージョン?




里親さんは懐中電灯を貸してくれたりしたがまったく見つからず、待たせるのも申し訳なくてやむなく一旦家に帰ることにした。

「す、す、す、すみません、出直します!」




ところが。




帰ろうとして走り出すと車のメーター部分から警告音が・・・





げっ。
わかった、ハンドルの裏側にいるんだ・・・




警告音が鳴ったままでは恐ろしくて車を走らせることもできない、

再び車を停めると今度はハンドルの奥の機械がごちゃごちゃしているところに手を突っ込んでみた、すると、
みなみちゃんの尻尾が!!!




でもみなみは私が引き出そうとすると更に奥に体を突っ込んでいく。


おねがい!みなみ、出て!




すると一瞬みなみの身体の力が抜け、その隙になんとかみなみを引きずり出すことに成功し、やっとのことで里親さんのおうちに届けることができたのだ。


その間ずっと見守って待っててくれた里親さんに必死で謝ると、里親さんは、

「これもいい思い出になります」



と言ってくれて・・・



(´;ω;`)





みなみとしてみれば随分怖い思いをしたことだろう。


でもこの里親さんになら任せて大丈夫だと確信した。
















みなみちゃんにはずっと「ホントにエイズだったらどうしよう・・・」と心配してたから、
その分余計に気にかけていた。


そんな人の心配も知らないで、シャイで私から逃げ回っていたみなみちゃんは、




今ではご家族皆んなに撫でられて遊んでもらって、夜はお布団にも来るようになったという。






2017/9/3 みなみちゃんお届け
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | wdT14MIM

    手がかかる子程可愛い

    みなみちゃん、良かったですねー!
    エイズじゃなくて!優しい里親様が見付かって!イリュージョンから生還して!(笑)

    みなみちゃん、キジトラで目の回りと口の回りがハッキリと白く、猫なのに少しだけタヌキ入ってるみたいな可愛いお顔も超タイプでした!
    ママに置いてきぼりにされたけど、ケム様のおかげで楽しい毎日ですね!
    幸せになってね!

    私からもありがとうございます!

    ( 09:36 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: 手がかかる子程可愛い

    しろちゃんさん

    そうです、そうです、私の頭の中ではずっと「エイズのみなみちゃん」でした。
    陰性とわかった時どんなに嬉しかったか(T ^ T)
    その前に人に慣れるかどうかも心配でしたし。

    あんなに色々あった子が本当にいいおうちにもらわれたことがものすごく嬉しいです。苦労が報われる瞬間です。
    みなみちゃんはもう私のこと忘れていることでしょうけど、それくらい新しいおうちに馴染んでくれたらそれでいいです。

    ( 12:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事