ノアちゃんの避妊手術をいつにしようか、と考えているうち、ノアちゃんのお腹はますます膨れ、やけに呼吸も早い、それで一度診察をしてもらうことにした。



その診断の結果が、



「心房中隔欠損」



???




心房中隔欠損とは心臓の右心房と左心房の間に穴が空いており、そのため血流に乱れが出てしまい、呼吸困難や腹水が溜まるなどの症状が出る、、のだとか。


もしや妊娠かも?と疑ったお腹の膨らみは「腹水」が溜まっていたせいだった。




・・・・・・


まさかの展開にそーとーびっくりしたが、
何が何やらという感じで逆に冷静になる。

ノアちゃんは利尿剤と心臓のお薬をもらって様子を見ることにした。






根治治療は外科手術が必要で、それもそれなりの設備のある大学病院などでやらないとならない、と先生から言われた。

もしくは一生投薬を続けるか。





野良ちゃんの子猫、これから里親さんを探そうとしている子がそんな病気だなんて、、どうしたら、、、

少なくとも里親さんは探せないね、

もしホリさんが保護してなかったら・・・腹水が溜まって死んでいただろうね、、、


先生からは
「どちらにしても長生きは出来ないと思います」

と言われた。








今ノアちゃんは毎日のお薬でお腹もへこんで安定している。


ホリさんと相談して、

ノアちゃんはずっとこのままうちで面倒見ようということになった。


いつまで生きられるかわからないけど。





・・・・・・



まぁそんなこともあるってことだ。


幸いノアちゃんの姉妹の、モネの里親さんが決まった。



ネットでモネの写真を見て、たいそう気に入ってくれた方が、遠方よりお見合いに来てくれた。

遠方ではあるが、そんなに気に入ってくれたのなら是非トライアルをお願いしよう、と、

今度の日曜日はモネを届けに行って来る。






お見合いの日、おとなしく抱っこされるモネ




兄弟がいなくなったらノアは寂しいだろうか、
いや兄弟にはノアの分まで幸せになってもらわないと。

まだモナもいるし(^_^;)


モナだってふくふくした三毛でおススメなんだけど、
早く決まって欲しいよ(⌒-⌒; )



モナ






モネ




ノア 最近は「のんちゃん」と呼んでいる




のんちゃんとモネ




ノアは病気がはっきりするまではもしかしたらFIPかも?という疑いもあった。
(FIP=猫伝染性腹膜炎)
もしもノアがFIPだったら兄弟のモナやモネも不安要素を抱えることになったが、

よかった!モナ&モネは里子に出せる。




それがせめてもの救いだ。








2017/11/25 モネお見合い
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事