FC2ブログ


ブランはホリさんのいるA地区で兄弟3匹で捕獲され、しばらくは絶叫しながら拒絶をしていたがいつのまにかゴロゴロで人にベッタリの猫に豹変していた。


絶叫するブラン



抱っこ大好きでわが家でのちょーオススメ猫ちゃんになったわけだが、

なぜか譲渡会では決まらず、図体はかりどんどん大きくなっていった。






譲渡会で決まらないならネットで応募しよう!
そう思って里親募集サイトに掲載すると、ほぼ同時に2軒のお宅からオファーをもらった。

片方は市内、片方は沼津市のご家族だった。
どちらも持ち家、小学生の子供さんがいるご家族、どちらも先住猫がいた。

沼津は静岡から車で1時間半ほど走らせたところ、当然というか、市内の方のお家にトライアルをお願いし、沼津の方は断った。


それが市内の方のおうちでは先住猫が拒絶してあえなくお返し。
それが12月のこと。


ブランのトライアル




すると次にすぐ別の里親募集サイトの方から応募があった。今度は西部の方からだった。
浜松市。

浜松も県内ではあるけれどかなり遠方だ。
でもたまたまその時に浜松方面に用事があったため、お届けするには好都合だった。

条件はやはり持ち家で家族も多く理想的なおうち。
猫を飼うのは初めてらしいけれどそんなおうちでもブランなら問題ない。
むしろ喜んでもらえるに違いない。

それでそのお宅にトライアルをお願いした。
遠方なのでお見合いせずに、お届けしてそのままトライアル、という形をとるよう打ち合わせた。


すると、

前回お断りした沼津市のSさんという方が、
「ブランくん、再度募集になっていましたが前回のお話しはなくなったんですか?」と問い合わせがあった。





しまった、忘れてた、断っていた沼津の人のこと。
( ̄◇ ̄;)あちゃ~~



もう浜松の人にトライアルお願いしちゃったあとだったので、
大変申し訳なかったが事情を説明して再度お断りし、
その代わりに次の譲渡会をご案内しておいた。




さて明日はブランをお届け、という時、

突然浜松の人からキャンセルの連絡が入った。

そちらのお宅の子供さんがどこからか猫を拾ってきたから、ということだった。

それで今回のお話しを白紙にしたいと・・・えええええっ



・・・そーゆーこともあるよね~




かくしてブランはまた譲渡会に参加。
また会場で不機嫌ブランになるだろうけど、
例の沼津のご家族様が来てくれるかもしれない、はたまた別の人に見染められるかもしれない、、






すると朝イチで来てくれた親子さんがまっすぐブランに向かって歩いて来た。

優しそうな奥さん、元気で素直そうな男の子、
こんなご家族様がブランを選んでくれないかなぁ~と眺めているとその奥さんが、

「あれ?ブランくんがいる!」・・・と言うではないか。





そのご家族様こそ例の沼津のSさんだった。

Sさんは私が譲渡会の案内をすると、ブランはいないが来てみたとのこと、
私はこれまでの経緯を詫びて、突然のキャンセルの事情も説明し、すぐにトライアルを決めてもらった。


ああ今度は大丈夫だろうか、先住猫だって2匹いる、、、



ただその奥さんはネットで写真を見ただけのブランをたいそう気に入っていて、
「この子に強く惹かれます」
と言っていた。




今度こそうまくいきそうな気がする、
どうかうまくいきますように・・・・・・・・・







2018/1/21 譲渡会
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事