すずめちゃんはおととしの暮れに保護して、


自転車操業な保護猫活動②



去年の春、すずめの子供のこぼんちゃんと一緒に里親さんが決まったのだが、



こぼんとすずめ




実はその半年後にすずめだけ帰ってきていた。



里親さんから何度か、夜鳴きする、ベランダ(サンルーム)に出てよく鳴く、フケが出る、噛む(?)、などと相談をされていて、
その度にアドバイスなどしていたが、
ある時、「すずめを返したいのかもしれない」と気がついた。


こぼんはベタベタなにゃんこになったが、
すずめはこぼんの母親といえども、里親さんに馴染まなかったようだ。







こぼんとすずめちゃんが里子に行った先は伊豆の国市だったから、今度は里親さんに連れてきてもらった。

里親さんはすずめを置いていくと、
その後のすずめちゃんを気にするでもなく、それきり連絡してくることはなかった。





里親さんから夜鳴きをすると聞かされていたが、帰ってきたすずめちゃんが夜鳴きすることはなかった。

多分すずめにとっても里親さんの環境が合わなかったのかもしれない、
すずめは随分と成長?して帰ってきたが、こちらでもほとんど動かずご飯だけ食べるので更に成長し😅
鳴かない、動かない、おとなし~いデブ専な猫になった。




すずめちゃんは、歳は7歳くらい、愛想もない人懐こさもない、動かないデブな猫、
次の里親さんを探すのは難しいなぁとため息をついていた、が、

子猫がいなくなる2月の譲渡会に思い切って参加させてみた。





するとその譲渡会で、お母さんと高校生と中学生のお嬢さんのご家族が、

別々のケージに入っていた、あむろうとすずめを2匹一緒にと申し込んでくれた。



!(◎_◎;)



どちらも私の保護猫だったが、あむろうは私の家に、すずめはのっぽさんのアパートにいたから顔なじみのない猫同士の組み合わせになった。


でもこれはすずめにとっては千載一遇のチャンスだ。



あむろうの人懐こさがすずめの無愛想さをカバーしてくれるんじゃないか?



すずめちゃんと一緒なら、喜んであむちゃんを里子に出そう!😭







2018/2/4
スポンサーサイト


コメント

  1. しろちゃん | wdT14MIM

    あむろう

    いい名前ですねー!
    あむろうって顔してる!

    すずめちゃん、今度こそ決まるといいですね?
    猫はやっぱり猫っ可愛がりされる為に生まれて来てるはずだから。

    あむろう、すずめちゃんをよろしくお願いします!!

    ( 10:21 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: しろちゃんさん

    猫は猫っかわいがりするために生まれてきた・・・そうです、そう思います!
    あむちゃんとすずめはまさかの組み合わせで驚きましたが、あむろうを出し惜しみしていたのもそのためだったのかと、すべてそうなる運命のような気がしてなりません。

    ( 22:25 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事